「近くに大御所の先生がいて…」どうしたらいい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、こんなご相談を受けたことがあります

「近くにピティナの大御所の先生がいて、
そちらに生徒さんが集まっています。。。」

「近くに有名な先生が住んでいて、
同じ分野なら無名の私よりそちらで、ということのようです。
どうしても比べられて、レッスン内容もどう違うかわかりづらいようで。。。」

前田の教室の商圏でも、手強い競合教室も多々いますし、
たくさんの先生方が悩むところではないでしょうか。

このような場合にどうするか、それは実は、
「戦略的」に考えることができるのです。

競争地位の類型化

例えば音楽系の教室には、ヤマハさん、
河合楽器さん・島村楽器さん等々と、
業界を引っ張る企業があります。

カルチャー、スポーツ系でも、その分野での協会とか団体、
カリスマ著名人がその業界をけん引していると思います。

このように規模が大きかったり、
立場の強い企業・団体・教室を「リーダー」と呼びます。

次に、リーダーに次ぐ二番、三番手で、
いつかその地位に就こうとする好戦的かつその可能性のある企業などを
「チャレンジャー」といいます。

その次が、特にリーダーの座を狙わず、
リーダーやチャレンジャーのやり方の模倣することで
それなりに儲けてやっていければよいと考えるのが
「フォロワー」。

そして、全体的なシェアは小さいが、
大手が取りこぼしている特定の市場で
支配的・圧倒的な地位を築こうとする「ニッチャー」です。

さてここでワークです。

あなたの市町村でどの教室さんがどの地位にあるか、
仮説を立てて下さい。

他教室のブログやホームページを見て、
あなたの想像でかまいません。

例えば前田の教室の近郊では、ヤマハ系列の楽器店がリーダー、
個人ピアノ教室Aさんがチャレンジャー、
個人音楽・ピアノ教室の BさんCさんがフォロワー、
前田の教室はチャレンジャーになりたいニッチャーです笑

どの地位を狙うのか

さていかがでしたか?

「あれ?どんな競合教室があるのかわからない・知らない」
ということがあったのではないでしょうか。

そして、こうしてみると、あなた自身の教室のことも
案外分かっていなかったり。。。

冒頭で述べたケースでいえば、大御所・著名な先生の教室は
リーダー教室と言えます。

ではリーダーに対して戦うなら、
どの地位を狙うか?

―それはあなた次第です。

というのは、あなたの持っている経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)などと
あなたの強み、やりたいこと・夢・ビジョン・方向性―

それらを加味分析して目指すべきゴールを決めれば
おのずと一意に定まってきます。

個人自宅教室の戦略は、大体フォロワーかニッチャーの戦略になるでしょう。

強気な人はチャレンジャーとして、
リーダーを狙い、虎視眈々とその動向を見ている―

もちろん、これだけしか戦略がない訳ではなく、
ブルーオーシャンやフリー戦略など、
ここ近年でいろいろな考え方が出てきています。

あなたの目指す未来にとってどの戦略がをとると動きやすいか、
かつ成果が出やすいか、じっくり考えましょう!

何なら前田がお手伝いしますので、
お声がけくださいね~^^

——————————————————-

自宅教室の先生は大きく分けて先生と経営者としての二つの面を持っています。

しかしながら「先生としての仕事(レッスンなど)」は好き・得意でも、「経営者」としての役割についてはよく知らない、苦手という先生方が多いのも事実です。

ですのでこのブログでは、経営者としての側面に光を当て、
知っておくべき必須の知識・ノウハウ・スキルについてつまびらかにしていきます。

——————————————————-

ココロがつらい…
弱音・愚痴、本心がなかなか言えずため込んでしまいがちな先生はこちらへ。
こころカウンセリング・タイム!
ご予約はこちらから

——————————————————-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする