自宅教室開校の手順とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはこのブログののイントロダクションとして、下記をお読みください。
1) 自宅教室、開業の仕方

「自宅教室開業の仕方」という検索ワードがままあります。
「仕方」を「手順」、つまりどういう順番ですすめていったらいいのか
という点から述べていきます。
まず最初にすることは

「自宅で○○教室を開く!」

と意思決定、つまり「決断」することです。

何を当たり前のことを―
と怒られそうですが、この「決断」がないと先に進みませんし、意思決定というのは

「どうしようかなあ、まだいいかなあ」
「ちょっと進めてみたけど、まだ無理みたいだからやっぱりやめる」

なんてことを許しません。

そのくらい覚悟を決めてこの決断をすると、

「何を、いつまでに、しなければならないか」も明確になり
「その日(=開業の日)」にあわせて行動できるのです。

大きな流れは下記になります。

〇月〇日 OPEN!!と決断 ⇒ どんな教室にするのか考え、決定
⇒ 内装・体裁を整える ⇒ 広告宣伝 ⇒ 予定日に開校 ⇒ 届出

さあ、決断とは決めて断つ!

一人で不安だったら、前田に連絡くださいね!

次はこちら!

自宅で教室を開きたい― そのために考えなければならない必須のことを、初めての方のために入門編としてまとめました。 ぜひご一読くだ...

——————————————————-

自宅教室の先生は大きく分けて先生と経営者としての二つの面を持っています。

しかしながら「先生としての仕事(レッスンなど)」は好き・得意でも、「経営者」としての役割についてはよく知らない、苦手という先生方が多いのも事実です。

ですのでこのブログでは、経営者としての側面に光を当て、
知っておくべき必須の知識・ノウハウ・スキルについてつまびらかにしていきます。

おススメ!

相談したいけど個別セッションを受けるというほどでは、、、
という方にお薦めなのが、このメール相談です。メールのやりとりだけであなたのお悩み・課題を解決サポートいたします。

——————————————————-


自宅教室SMP初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

——————————————————-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする