自宅教室のコンセプトって??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で教室を開きたい方向けの本を読んでみると、
「お教室のコンセプトを決めましょう」
よく書かれています。

なるほど、その通り。

が、

はてさて、そもそも「コンセプト」って、何でしょう?

コンセプトって?

辞書を紐解いてみると

「概要」

と出ています。

「??
概要を決める??
なんのこっちゃ??」

ですよね。

始めて教室を開く先生には、
いまいちよく分からないでしょう。

前田も最初のころは、わかったようでわからない、
つかみどころのない用語でした。

いえ、今も、ですけど(笑)

で、いろいろと探っていくと
お客様つまり生徒さんが

その商品、つまりあなたの教室を

一発で分かる
直感で分かる
パッと見で瞬時に理解できる

のが、

「コンセプト=概念」

であるというらしいことがわかってきました。

「う~ん、前田さん、具体的にお願いします。
(余計に分からんワ)」

という声が聞こえてきます笑

例えばピアノ教室

ピアノを教えるお店と一発でわかりますよね。

例えばラーメン屋さん。
ラーメンを食べさせてくれる店

家電屋さんなら、家電を販売している店―

一発でわかります。

でもちょっと待って下さい。

これは単なる「業種」で、
コンセプトには、なりません。

これだけの「情報」で、
習いに行ったり、食べに行ったり、テレビを買いに行きますか?

ま、ラーメン屋さんや家電屋さんなら、
試しに行ってみる、ということもあるでしょう。

しかし、こと「教室」となると、
―特に個人自宅教室では―

どんな教室なのかわからないと、
人は重たい腰をあげないものです。

どんなピアノ教室なの?
どんなラーメン屋さんなの?
どんな家電屋さんなの?

とその教室、お店を「定義づける概念」、
それが「コンセプト」なのです。

「どんな=コンセプト」

と置き換えると分かりやすいです。

コンセプトの効果

さらに忘れてはいけないこと、
必ず考えなければならない前提要素、

それが「競合」教室の存在です。

私たちは何かを購入する際、
必ず何かと比較します。

数あるライバル教室、お店と比べられて、

「それでも選ばれる教室」

それが「コンセプトがある教室」なのです。

言い換えると、
「選ばれるためにコンセプト=どんな」が必要となるのです。

コンセプトを開講準備期から開校後 1年、2年、3年、、、
と考え続けていけば、

地域で一目置かれる、
根強い「ファン」のいる教室として、
他教室と差別化された独自の教室となっているでしょう!

さほど考えず、
自分の「やりたい」が先走り、
後になって大変困る先生・経営者もいるのです。。。

―前田のことです笑

どんな教室にするのか

これを十分に考えていきましょうね!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする