生徒さんのリピートを生む「接触頻度と雑談」の意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、生徒さんやその関係者と、どんな交流などを持っていらっしゃいますか。

発表会や作品展以外では、季節のイベント、例えばクリスマス会などがあると思います。

教室というのは、ある一定期間、毎月来る・毎週来るというように、
生徒さんのリピートがほぼ前提になっています。

これは、ものすごく恵まれていると、実はいえるのです。

なぜなら、毎月継続して安定した収入が得られるのですから。
飲食や小売など、毎月安定した売上・収入を得るためにどれだけ苦労しているか(笑)

「お宅の店以外では買わないわ」という熱心なお客様をどれだけ作るかということ、
つまり「ストア・ロイヤリティ」を高めるために、頭を悩ませているのですね。

いわゆるお客様の「ファン化」です。
あなたの教室では、生徒さんをあなたの「虜」にしていますか(笑)

継続が前提とはいえ、この「虜」にする心遣いや作業を怠っていると、生徒さんは
前ぶれもなく辞めていくことになるのです。

往々にして最悪のタイミングで。。。

接触頻度を増やす大切さとそのツール

で、お互いが打ち解けていくために必要なこと、その一つに「接触頻度」が挙げられます。

しょっちゅう会ったりしていれば、自然と打ち解けますよね。
さてこのとき、本当に大事なのは何だと思いますか?
これ、実は「雑談」なのです。
私たちは「雑談」を通してその人を理解し、心を開いていくのです。

では、雑談って何でしょう?

雑談は、相手の人間的側面を知り、自分の人間的側面を伝えること

受け売りですが(笑)

先生と生徒さんの関係ももちろんですが、生徒さん同士の交流も頻繁であればより良いですね。

あそこの教室でなければ手に入らないもの・
体験できないこと

が生徒さん一人一人の中に、できてくるわけです。
こうなれば当然、継続率も上がってきますよね。

最近つくづく思ったのですが、人と人との交流・関わりによって、
新たな展開が生まれたりすることが多々あるのですね~

口コミと「伝説」

生徒さんがあなたの「ファン」「とりこ」になってくれれば、
ここに「口コミ」や「伝説」が生まれるのです。

あなたも、久しぶりに友達と会う約束を取りつけるように気軽に
「雑談の会」を催してはいかがでしょうか。

なにしろ生徒さん同士の交流度合いは、確実にリピート率向上に寄与していますので!

——————————————————-

自宅教室の先生は大きく分けて先生と経営者としての二つの面を持っています。

しかしながら「先生としての仕事(レッスンなど)」は好き・得意でも、「経営者」としての役割についてはよく知らない、苦手という先生方が多いのも事実です。

ですのでこのブログでは、経営者としての側面に光を当て、
知っておくべき必須の知識・ノウハウ・スキルについてつまびらかにしていきます。

——————————————————-
月収20万以上目指すなら!
自宅教室SMP(サクセスマネジメント・プログラム)・メニュー

SMP初回40分単回個別相談

自宅教室の開校
自宅教室を開校してから直面した諸問題
自宅教室開校からやっと一息つけた。でもこれからどうしよう、何を目標にこれからの教室を引…

先生は「好き」に集中!SMP月極サポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● ネクスト・ステージ・サポート
「自分らしい人生を実現する!」をゴールに

自宅教室SMPメール相談

相談したいけど個別セッションを受けるというほどでは、、、
という方にお薦めなのが、このメール相談です。メールのやりとりだけであなたのお悩み・課題を解決サポートいたします。

強み発見!あなたと教室の価値を高める個別セッション

キャリア・アビリティを高める!

望む収入を得て愛する家族を守り、
明るく楽しく暮らす土台を創る!

“自己棚卸し”であなたの強み・方向性を…

ひやかし激減!入会激増!いち押しめだまレッスンをとことん考えるプログラム個別セッション

あなたの教室の、めだま的一押し「レッスン」を創る!
体験レッスンに売り込まずに人が集まり、入会率・リピート率を劇的にアップ!
生徒数を増やし…

SMP算命心理個別セッション

もしあなたが、ご自身の教室の今後の方向性や、
どう展開していけばよいか、戦略レベルでお悩みなら、このまま読み進めてください。
今ご自身に必要…

——————————————————-

ココロがつらい…
弱音・愚痴、本心がなかなか言えずため込んでしまいがちな先生はこちらへ。
こころカウンセリング・タイム!
ご予約はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする