地域の特性を知る!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちの周辺って、習い事が盛んじゃなくて、
あのヤ○ハさんも撤退したほどなんです笑
ですので、みんな隣の市までいってます」

以前、あんぷらぐどこどもピアノに通っていたお母様から聞いた話です。

一般的に起業を考える際、

その市場に需要はあるのか、
市場自体に成長性はあるのか?

といったことをリサーチします。

「市場」というと分かりにくい方もおられるかもしれませんので、
言葉を変えると―

自宅教室は地域ビジネス

あなたの住む「地域社会」
というとイメージがつきやすいでしょう。

前田は家業の飲食店のほうで地元の商店会にも入っていた関係で、
教室でも入っています。

その地域によって、やはり「地域特性」、
言葉を変えると、その地域の「個性」、
というものがあると思っています。

そこを十分に知ることも大切です。

自宅教室は「地域ビジネス」です。

あなたの住む「地域社会」に、

・○○という分野の教室は求められているのか?
・興味のある住民、興味を持ちそうな住民はどれくらいいるのか?
・ほかにも同じ分野の教室さん、異分野の教室さんがどれくらいあるのか?

こういったことも開校前にきちんと調べ考えておきましょう!
自宅教室開校も、そのジャンルに

「そういう教室があるなら通いたい♪」

という地域でのニーズがなければ継続して存続できません。

そして、市場=地域には、「競合」がたくさんひしめきあっていることも
忘れてはいけません。
その中で、どう地域の皆さんに、
あなたの教室をアピールしていくか。

それを考えていくことも開校前・そして開校後もやるべきことです!

——————————————————-

自宅教室の先生は大きく分けて先生と経営者としての二つの面を持っています。

しかしながら「先生としての仕事(レッスンなど)」は好き・得意でも、「経営者」としての役割についてはよく知らない、苦手という先生方が多いのも事実です。

ですのでこのブログでは、経営者としての側面に光を当て、
知っておくべき必須の知識・ノウハウ・スキルについてつまびらかにしていきます。

——————————————————-

自宅教室SMP初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

——————————————————-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする