自宅教室開校には家族の協力が必須!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11年前あんぷらぐどを立ち上げるとき、母はあまりいい顔をしませんでした。

お好み焼き屋があるのに何を言っているんだ、うまくいくの?失敗したらどうするの?
というところでしょう。

※当時の前田の家業はお好み焼屋でした

前田がその頃母によく言っていたことです。

「いや、おふくろのやることはお好み焼屋だけで変わらないから。
こっち(お好み焼)の店舗にも何の変わりもないし」

明日に何がどうなるのかがわからないような、大きな変化を嫌がっているようでしたので、
母の日常は全く変わらない、ということを強調していました。

前田の方は、変化したくてしょうがなかったのですが(笑)

でも仕方ありません。。。
家族の協力なしにはうまくいきません。

あなたは、大丈夫ですか?
しっかり、あなたの想いを伝えておきましょうね!

——————————————————-

自宅教室の先生は大きく分けて先生と経営者としての二つの面を持っています。

しかしながら「先生としての仕事(レッスンなど)」は好き・得意でも、「経営者」としての役割についてはよく知らない、苦手という先生方が多いのも事実です。

ですのでこのブログでは、経営者としての側面に光を当て、
知っておくべき必須の知識・ノウハウ・スキルについてつまびらかにしていきます。

——————————————————-

自宅教室SMP初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

——————————————————-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする