あなたの教室のキャッチフレーズは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田の教室あんぷらぐどの開校当時のキャッチフレーズ、それは―

『自分「再」発見!』

です。

本人、つまり前田はご満悦でしたが(笑)、
なにやら同じ市内に当時あったカルチャーセンターも
同じフレーズを使っていたことが判明しました。

どちらが先かはわからないのですが、
同じというそれだけで、このフレーズは以後使わなくなりました。

スポンサーリンク

経験と共に成長していく

その後、

より良く生きる!

とか、

学ぶことは変わること
~豊かな人生を送るお手伝い♪

チャレンジ&エンジョイ!

チャレンジ×エンジョイ=成長×感動!

とか、いくつも考えてきました。

ほか、教室コンセプトと関わってくるのですが、

学びと実践を通して、
あなたの理想のライフスタイルを実現し、
最高の人生を送るためのパートナー
それが「学び屋あんぷらぐど」です!

共に生きる人たちが集う場所

とか、

あなたが大きく羽ばたき、更なるステージへ駆け上がるための
0(ゼロ)・ステージ

目的地へと旅立っていくための
ターミナル・学びステーション

とか、今も使っているものもありますし、
わけがわからないものもありますね(笑)

が、その時々の前田の想い、理想としていたことなども垣間見え、
前田としては少しずつ変化・深化、展開していると思っています。

経営理念とは

開校当時、銀行借り入れを考えていたので、
事業計画書を書きました。

当時は、「経営理念?なんのこっちゃ??」
「ビジョンって何?コンセプトとどう違うの??」

全く分かってなかったですね~(笑)

で、「経営理念」。
前田はこんな風に理解しています。

価値観・人生観などからくる、

人としてこう在りたい!
社会とこう関わっていく!
こんな風に役に立ちたい!

という、いわば

行動基準
行動ルール

それらを、教室を経営・運営していくうえでの規範とすること、
それを簡潔に定義・文章化したものを「経営理念」という。

経営理念は「創業の精神」ともいわれます。

わかりやすくいえば、

こんな風に生徒さんや社会と関わっていく!
こんなことは絶対にしない!

ここから始めていけばいいのです。

難しくいえば

教室としての目指すべき理想の未来(ビジョン)を、
どんな人格を持つ人間が営む、
いわば「教室格」として己を律して歩んでいくのか?

経営理念単体で考えるとなかなかに難しく、
行き詰りやすいので、

理想の未来(ビジョン)とご自身の人としての在り方、
ここを絡めていけば、糸口が掴みやすいです。

教室の「独自化」として

ここを考えると、何が起こるのか?

あなたしかできない、あなただからこそできる教室が出来上がる!

そう、単なる他教室との差別化ではなく、「独自化」になるのです。

「ああ、それ、まねできない。。。」

競合教室にこう思われれば、競合は勝手にほかの土俵に移っていきます。
あなたと戦おうと思わなくなるのですね。

ほかの誰でもないあなただからこそできるレッスン。

それは、内容のレベルが高い低いということだけではありません。

あなたが何を見つめているのか?
どんな未来を切り開こうとしているのか?
今、何をしているのか?

生徒さんは見ていますよ!!

一人で考えることに行き詰ったら、こちら!

「好き」に集中!ネクスト・ステージ・サポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ● ネクスト・ステージ・サポート 「自分らしい人生を実現する!」をゴール...

お悩み相談はこちらから!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コンサルティング

自宅教室開校で、お困りごとはないですか?
どうぞ、この記事からご返信下さい。
「個別相談無料体験を希望します」と。
折り返しご連絡致します!

件名:個別相談無料体験を希望します。
7月いっぱいの特別価格

お一人で悩んで辛い想いをする前に、
ぜひご相談ください。
◆本を読んでも分からない、なら聞いてみよう!

自宅教室立ち上げ個別セッション
なぜをマスターすれば、
生徒募集が楽になり、そのあとも「ヒット・レッスン」を
開発できるようになるのか

やることに迷わずモ…

開校準備でちょっと心も体もお疲れ。。。
そんなときは体調管理と共に「心調管理」も大切になります。
◆「心の調べ」を整えるカウンセリング

「心の調べ」を整えるカウンセリング
ちょっと恥ずかしいお話をいたします。

ここ2、3年は、何らかの重苦しさを感じてきました。

各種セミナーに行っては、
成功体験や…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク