Facebookがビジネスで使えなくなる???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookがビジネスで使えなくなる」とマーケッターや起業家の間で話題になっているそうです。

つまり、Facebookの記事に「詳しくはこちら」と自分のブログやホームページに誘導するのが基本的に禁止になるとか。。。

その場合、記事が消されたり、スパム認定されたり、認証を求められたり、
最悪の場合、「アカウント削除」も。

マエダなど、Facebookページはどうなるの??
イベントページは??

・・・ってとこですが、こうなると、今、Facebookで集客している人は大打撃。

つまり、Facebook広告を使え!ってことですね。

一時期アメブロの商用利用禁止が話題になりましたが、
自宅教室ほか、変わらずビジネスの告知はしていますし、
やりすぎなければ平気なのかも??

ま、マエダはアメブロ一つ持ってますけど、ほとんど開いていません(笑)

ネット集客はネット広告で

というわけで、ネット集客は、どうしても「ネット広告」を攻略していくことが必要になってきています。

前田も実は、ヤフーとグーグルのPPC広告のアカウントを持っています。
ここ数か月は出していませんが、広告を出していました。

で、自宅教室などの集客コンサルタントは、
反応率の良いホームページを作って、そこにPPC広告からアクセスを集める!
ということをやるわけです。
よくいう「自動集客装置」とは、その仕組みのことです。

つまり、生徒さんが来ているところは、

有料広告を出しているプラス反応がよいホームページを持っている
またはSEOに強く、かつ、反応の良いホームページを持っている

ということになります。

反応のよいホームページとは?

では、どうすればそんなホームページが作れるのか?
という疑問が出てきます。

これも結局は、

いかに自分の教室のことを深く理解しているのか
顧客や市場を常に意識して深く理解しようとしているか

に行きつきます。

例えばHP業者さんに頼むにしても、全くのお任せ・丸投げでは、
言葉は悪いですが、見栄えだけの良い、どこにでもある内容のホームページが出来上がるでしょう。
いうまでもなく自分の教室のことを一番よく知っているのはあなたです。
そして、最低限知っておくべきこと・明確に伝えなければならないポイントがあるんです。

その重要な幾つかのポイントを押さえておきさえすれば、
「ここはこうしてください」
「これとこれとこれは必ず○○してください」
「これは私の教室にはあわない表現ですね」
などなど、業者さんにHP作成を任せるにしても、的確な指示と依頼が出来るのです。

また、業者さんからのアドバイスにも、納得して意思決定もできるのですね。

まずは、集客の一つ手前の工程、ここを再考してみましょう。
そこがあって初めてお金をかけられる広告が始められるのです!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする