「考える」「書く」「感じる」という3つのプロセスで自宅教室を創り込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて前回、あんぷらぐどの講師に、
教材を読んでもらったと書きました。

その方は男性(30代中)で、あんぷらぐどこどもピアノの講師であり、
地元では他の音楽教室や、自宅でも教えていらっしゃいます。

で、実はこの方、購入者第1号なのです(笑)。

読み終わって、感想を聞こうとした矢先に、
こう言っていただきました。

あ、これ欲しいです!

「あ、これ欲しいです!
ここまで突っ込んでいる内容の本は読んだことありません。

…僕も何冊もこういう自宅教室用の本を読んでいるんですけど、
中には最初がいきなり体験レッスンについてだったりして(笑)。
これ、いいです!」

…まあ、身内の話ですので、話半分で聞いて下さい(笑)。

やりがい・スキルを活かした仕事・こどもの時からの夢…
そして、安定した収入を得られる。。。

これも結局は「生徒さんがいてこそ」なのです。
生徒さんがなかなか集まらなかった経験を持つ前田は、
これを声を大にして言いたい(笑)。

そのためには、生徒さんに
「ほかの教室ではない、あなたの教室」
を選んでもらわなければなりません。

「じゃあどうするの? どうすればいいの」
という質問が聞こえてきそうです^^

前田がしつこい程言っていますね。
そうです、「創り込む」のです。

創り込んだ結果、生徒さんに「伝わりやすい教室」ができます。

伝わりやすいとどうなると思いますか?

はい、「選ばれやすい」のです。

ただ一つ、問題があります。

ただ単に「伝わりやすい」のではなく、「そのレッスン受けたい!」
と「魅力的」に伝わらなければダメなのです。

魅力的で伝わりやすいあなただけのレッスン-

前田の個別相談で作り上げてみませんか?

「考える」「書く」「感じる」という3つのプロセスで創り込む

前田のカスタマイズ個別相談の一番の特徴は、

実際にセミナーを受けているかのように
ワークシートであなたの教室を創り込む

ということなのです。

・あなたの内面を見つめ、強みを発見。
・それを生徒さんのためにどう活かせばよいか。
・相思相愛になる生徒さんを探し、
・他教室より、選ばれる教室を創る

前田もそうでしたが、開校時には一体何から手つければいいのか、
何をどう考えればいいのかわからないものです。

あの本を読み、この本を読み、
結局「???」と消化不良を起こします。

そこで、まずは「これだけをすればよい」という枠組を
小さなステップにして、前田が提示いたしますね。

その小さなステップを積み重ねることで、
つまり「考える」「書く」「感じる」というプロセスを通して
あなたの教室を創りこんでいきます

そして、一番大切なのが「感じる」こと!

前田はここ3年ほど心理学を学んでいますので、
あなたの「心で感じる」ことを大切にしていきます。

あなたのわかる・できる

個別相談を受けて、あなたのわかる・できるを挙げてみますね。

・強み
・強みを活かした専門性を知ること
・来て欲しい理想の生徒さん像
・競合リサーチ分析
・どの立ち位置で商うか
・広告の超基礎
etcetc

・専門性を表し、かつ伝わりやすいレッスン名が付けられる
・他教室との差別化
・あなたの教室の簡潔にして伝わりやすい「自教室紹介」ができる。
・方向性・方針のブレない、教室のコンセプトができる
・生徒さんを惹きつける具体的で伝わりやすい広告材料が出せる
etcetc

前田の個別相談や教材で「教室を創り込む」ことによって、
「伝わりやすいから選ばれやすい教室」を開校することができます。

その方法は、カスタマイズ個別相談でたっぷりとお伝え致します!

教材付きの個別相談は、月単位で行うものですが、
1回からの単回個別相談もできます。

ぜひ、ご自身に最適な個別相談が何であるか、
それをお確かめくださいね。

初回40分無料です♪