【自宅教室の現場から】うまくいっている教室、いかない教室、その違いって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅教室も、順調な人・うまくいっている人がいらっしゃる一方、
苦戦されている方もいらっしゃいます。

で、
うまくいっている人と苦戦している人、この違い・差は一体何だろう…

と、考えたところ、あることに気が付きました。
それは、うまくいっている方は、、、

体験レッスンに人が集まるかどうか

体験レッスンにきちんと人が集まっている

ということです。
「はあ…?」という反応が返ってきそうですが(笑)

つまり順調にいっている方は、

集客する、自分なりの術がある

ということなのです。

苦戦されている方は、「反応がない」ということで、
そもそも悩んでいらっしゃいます。

あれもやった、これも試した。でも反応がない。
では次は何をすればいいの??

チラシがダメ、次はこっち、今度はこっちと集客ノウハウに手を出し、
結局またチラシに戻る―

でも何をどう書いてどう撒いたらいいのか分らないから、
ただ闇雲に書いて折り込み・ポスティングを依頼する…

案外、1回2回やっただけであきらめてしまう方もいらっしゃいます。

つまり

自分なりのノウハウの蓄積ができない

わけです。先に述べた、

…では次は何をすればいいの?

この問いに対する答えを一言で言えば、

適切な媒体を見つけ、反応が出るまで改善し、やり続けること

です。

ただし!

どうしたらいいのか、その答えを導き出せる知識なりノウハウ、
スキルが自分の中にないなら、答えが出てくるはずはありません。

何度も書いていますが、開校当初、生徒さんが来なくて資金繰りに苦しみ、
お金を数える夢を見た、という前田です。

反応がない、生徒さんが来ない哀しさは、味わっています。

だから、自宅教室オーナー兼講師のひとりでも、そんな思いをすることのないよう、
このブログを通して応援しているつもりです。

心が折れる前に、ご相談くださいね!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする