教室の現場から~理想の生徒さんとストレスなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、前田があんぷらぐどを立ち上げる経緯にはいろいろな要素が入り組んでいて、
これを書くとなるとブログを10回くらい使ってしまうかもしれません(笑)。

つくづく思ったのですが、家業であったお好み焼き屋という客商売で、
ホントにイヤな目にあっていたのだなあと、
結構「心のキズ」になっていることが
あんぷらぐど立ち上げの理由のひとつに挙げられる、
と今にして思います。

長年続けている合気道でも言えます。

「気」を合わせて稽古をすると、やっぱり心地いいのですね。

で、「気が合わない」とはよく言ったもので、心を開いていないと、その人を信頼していないと、相手をしていてもストレスがたまるばかり…

…ということも正直あります。

にんげんだもの しょうがない

じゃないですが笑、ごく一部の方のため、まわりもなにやら変な感じ…
ということが起こりえるのですね。

ストレスの少ない仕事!?

ここ最近の前田は「気持ち良く仕事がしたい」、これが大きな比重を占めています。
いやもう「いかに気持ちよく仕事するか」がテーマといっていいかもしれません。

あんぷらぐどを立ち上げて、13年目、つくづく思います。

来て欲しい生徒さんが来てくれておつき合いができると、
何とストレスの少ないことか!

もちろん何もないわけではありません。
でもお好み焼き屋時代(2015年末で廃業)と比べると、まあ少ないこと少ないこと(笑)

一時期、お好み焼き屋さんの客層を変えようと奮闘したことがあります。

社会の風潮が変わる、ずっとずっと以前から取り組んでいたのですが、
飲酒運転により厳しくし、店内禁煙にし・・・
マナーにうるさい店にすると―

・・・すると、お客さんが大分減りました(笑)

今でこそ禁煙・飲酒運転・マナーは当たり前になってきていますが、
当時は大変でした。

ありがたいことに、それでも来てくれる常連さんは残るのですね。
つくづく思ってばっかりですが(笑)、それでも来てくれる常連さんは、
前田の進みたい方向性を認めてくれる人ですので、信頼関係が結びやすいのです。

こうなるといわゆる「顔の見える」商売ができます。

前田のできることで、
このお客さんにはどういうサービスを提供すれば、もっと喜んでくれるか?

ということもなんとなく推測がつきます。

これって自宅教室開校・運営でも全く同じ事なのですね。

つまり、生徒さんの「絞込み」です。

理想の生徒さんと一生のお付き合い

あなたは、どんな生徒さんならずっとお付き合いしていけますか?
ストレスもほとんどなく^^

生徒さんと「顔の見える」信頼関係を築き、
長~くお付き合いしていただく=長く通っていただく。

大事なことです。
これがどれだけ心の平穏に貢献していることか!

「相思相愛」の生徒さんを選ぶこと・生徒さんに選んでもらうことは、
いろいろな意味で重要です。

なぜなら、あんぷらぐどを開校して13年目、
前田の場合、講師の方々に支えられ、生徒さんに応援されここまでやってこれました。

先生方も13年目、8年目など長期にわたって指導していただいています。
生徒さんも7年目の方々、6年以上のこどもたちなどなど通い続けてくれています。

「一生のお付き合い」

なんていうと重く感じるかもしれませんが、教室と相思相愛の生徒さんなら、
そう思って不思議ではありませんね。

こうなってくると、やめる・しばらくお休みする、といわれると
「ええええ~~~!!!」
となります。

「おれ、何か、失礼なこと、したかなあ」と、ヒガイモウソウにもなるんです^^

あなたの教室に来て欲しい生徒さんは、どんな人ですか?

一生の付き合いができる人なら、気持ちよく仕事ができますよ~
もちろん、親しき仲にも礼儀あり、ですけど^^

絞り込むのってコワいです。いっそう生徒さんが来なくなりそうで・・・

さて、あんぷらぐどのピアノ講師であり、前田の教材を買っていただいたO先生(男性)が言いました。

「副読本読みました。生徒さんを絞らないと、よその教室に取られるのですよね・・・
でも、絞り込むのってコワいです。いっそう生徒さんが来なくなりそうで・・・」

その気持ち、よ~く分かります。
実は前田も開校して最初の頃、同じ台詞を、某お稽古情報誌の営業さんに言いましたから笑

でも、ここが

生徒募集に成功するかしないか

の分かれ目なのです。

開校準備中の方は、

「どんな人の役に立ちたいか」

これをじっくり考えてください。

すでに開校している方で、どう絞り込んでいいかわからない、という場合は

「今来ている生徒さんで、
・どんな悩みを持って通っているひとが、
・どんなタイプの人が、
一番多いか」

これを目安に、絞り込んでいってください。

前田の場合、声楽からロックやカラオケのボイトレ、
といったレッスンをHPに載せていましたが、結局、

・合唱をしている中高年女性が多い
・オペラ、歌曲を歌いたい生徒さんが多い

ということから、紙媒体でも、
そういう人をターゲットに絞り込んでから反応が変わってきました。

最初は、コワいです。

本当に反応があるの!?

・・・って思います。

でも、ココが成功への第一歩です!
だまされたと思って、やってみてくださいね^^

いろいろな方に来て欲しい、のはわかりますが、
まずは、「こんな人に来て欲しい」という生徒像、
相思相愛になれる生徒さん像を明確にして
これをきっちり決めておきましょう
ね!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする