お金のマインドブロック~「お月謝、こんなにお高いのですか?」と問われたら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう10年ほど前になりますか、ある子どもピアノ生徒のお母さまに
発表会費について「いつもこんなにお高いのですか?」といわれました。

当時子どもピアノの参加費は \8000前後だったと思います。

当時はまだお好み焼き屋を営業していましたので、発表会終了後にお食事つき。

そしてなんといってもプロの音楽家5人が一堂に集まり、
ソロ演奏やミニコンサートあり。

高くないと思います。ホントはもっと欲しかった(笑)
某大手ヤ●ハさんなど、一万円~するようですし。

会場がいつものレッスン室だったことが気になったようです。
会場費がかかるわけじゃないのに、、、ということでしょう。

前田が理由・根拠を説明しても「会場はここですよね」の一点張り。

「参加は任意ですので、どちらでもかまいませんよ」
とお話ししたところ結局不参加、
そのあとしばらくして止めていきました。

また、2016年のこと、
前田の教室スタジオ部門で弾き語りのLIVEイベントがあり、
初めての開催ということがあって、1回目はモニター価格で参加費を安くしていました。

2017年4回目に参加費を値上げしたところ、
毎回参加して下さった方が突然のキャンセル。

この時は最初の値段設定が安すぎたと反省しました。

価格の需要弾力性

さて前田は受講料を何度か値上げしています。

特にグループレッスンでは値段を上げたり下げたりしながら、
いろいろと試していました。

また、貸し練習室としてレッスン室を一般開放しているのですが、
ここでも貸しスタジオ代を何度か改定しています。

その結果、

これ以上値上げしたら生徒・利用者さんは来ない、
逆に、これ以上下げても、安いからといって生徒・利用者さんが来るわけではない

という料金の範囲がわかってきました。

これを経済学では「需要の価格弾力性」といいます。

例えば缶ジュースの値段で考えてみましょう。

\60と\120で、どちらも需要に変わりがないというのだったら
当然¥120でつけますよね。

そして\130にすると、とたんに売り上げが下がる、
というのならやはり\120が最大値になります。

\60未満、例えば\55などにしても売り上げが変わらない、
逆に売上・需要が下がるというのなら、最低値は¥60になります。

料金の内訳=価値の「構造」

発表会も弾き語りイベントも、価格に根拠を与えるために、
「内訳」を考えています。

参加人数にもよるのですが、
経費を考慮に入れ、生徒さんから「高すぎる」と不平を言われないように、
「そのくらいは仕方ないわね」と許容範囲を探りながら会費を決めています。

サービス業は、「モノ」として手に取って見える・さわれる形があるわけではないので、
モノとしてあとに残らないところに価値があり、そこに価格を設定せざるを得ません。

ですので、どんな価値があるのか列挙することが大切です。
生徒さんが納得するだけの価値の構造、根拠といってもいいですね。

そして費用指向、競争指向、顧客指向などの
価格設定の考え方から、料金を決定することになります。

参考

意外と知らないレッスン料設定のトリセツ!
レッスンの受講料、つまり「価格設定」を教科書的に述べますね。 価格とは一言で言えば「商品・サービスの経済的価値を表すもの」です...

お金のマインドブロック

ところがよく言われるのが「お金のマインド・ブロック」です。

簡単にいえば、お金をいただくことに躊躇してしまう、ということです。

ですので必要以上に料金を安く設定してしまったり、
本当に必要な料金を請求できなかったり、、、となってしまうのですね。

実は前田も最初のころそうでした。
あまり高く設定できない、受講料をいただくときもこちらからいうことなく、
生徒さんの方から払ってくれるのを待っていました。

今はそんなことはあまりありませんが(笑)

「お高いのですか」と問われた時は、
実は前田もどこかで高いと思っていたのかもしれない、
と後になって思いました。

ですので、前述のLIVEイベントの時は、値上げに関して問われたら答えられるように
しっかりと考えていました。

本当に事細かくです(笑)

例えば、プログラム用紙購入にいくらかかり、水道光熱費、インク代、
前田の作業時間時給―プログラムを考えたり、パソコンに打ち込んで印刷したり、
広告を出したり、DMを出したり、電話連絡をしたり、掃除をしたり
珈琲を買いに行ったり 当日の進行運営、接客、珈琲を淹れる、会場設置・後かたずけ etcetc

ここまで考えると、「これじゃあもっともらわないとやってらんないなあ」
という気になります、ホントに(笑)

そしてそれに、「いくら欲しいか」という利益を考え、値上げをしたのです。

ライブイベントでキャンセルした方は、その料金では割に合わない=料金以上の価値はない
と判断されたのでしょう。

ここは前田の、さらに価値をあげるための改善する課題となりますね。

レッスン料をきちんと考える!

もしレッスン料をいくらにするかをお考えなら、

まずはあなたが、

レッスンをするためにどれだけの準備段階があるのか、
つまりあなたの作業時間は時給いくら相当になるのか
諸経費はいくらかかるのか

などコスト面を洗い出してみてはいかがでしょうか。
その上で、あなたが生徒さんに提供できる価値を勘案して、
料金設定すればいいのです。

そして経験を積めば、自分自身の価値というものが上がってきます。

自分に自信が出てきますし、何よりレッスンの質を上げるために
たくさんの自己投資をしていることと思います。

そう思ったら、レッスン料を値上げすることに、何の躊躇がありましょうか(笑)

いえいえ、というよりは、
「これじゃ、安すぎる!」

と思うようになってくるでしょう!

お役に立てば幸いです。

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする