集客の三大原則とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客には三つのポイントがあるといわれています。

それは―

1) 教室の違いレッスンの違いなど、「違い」をどれだけまだ見ぬ生徒さんへ伝えられるか

2) 目立つこと

3) わかりやすいこと

この三つを凝縮したチラシ・HP、ブログなどができれば
反応がアップし、生徒さんも来るでしょう。

しかし前田もそうですが、
クライアントさんや2011~15当時のメルマガ読者さんからのお悩みを聞くと、
この三つのうちのどれかまたは全部において苦労されています。

1)については、このトリセツ!ブログで教室・レッスンを
「創り込む」のテーマでたくさん書いてありますのでお読みいただくとして、
今日は、2)について述べていきます。

認知~案外知られていないあなたの教室の存在!?

生徒さんが来ない―

その原因の一つに、「実はその地域で知られていない」
ということがあります。

すぐ近所の人にも知られていない、なんてこともあるのですよね。

ですのでまず「認知」してもらうことが大切になるわけです。

「ああ、ここに○○教室があるんだ~」と。

なので 2)目立つこと という原則が導き出されるのです。

ほら、店先に電光掲示板とか、
「のぼり」をいっぱい出しているお店とかありますでしょ。

わかりやすくいうとそういうことです笑

しかし自宅で教室というのは、
そういう目立つことをしにくい場合もあるのですね。

「旦那が」「ご近所さんが、、、」の苦労

以前、前田のククライアントさんのカルチャーものつくり系の先生の場合、
旦那さんは教室を開くのは反対ではないけれども、
自宅や住所までホームページなどで公開するのはいやがるということでした。

前田の知り合いのカルチャー系先生は、
ご近所さんがちょっとうるさいというのと、
旦那様が自宅に知らない人をいれるのを嫌がる、というダブルパンチだったとか。

後者の場合、自宅以外の場所で活躍されていますが、
前者のように自宅で教室をやりたい!という場合はどうすればいいのでしょうか?

このかたAさん、ホームページやブログなどで、
大まかな場所を標しています。

「駅から徒歩10分、○○のすぐ近く。
お申込みされた方に、住所や詳しい場所をお知らせします」

「目立つこと」ができないなら、それを逆手に取って、
「隠れ家」として案内しているのですね。

ただし、大前提として、教室や先生の人柄などで
「安心感を与えていること」が必要です。

そして、初めて「あなたの家(自宅教室)」に訪れる時の不安感を払しょくしてあってこその
「ワクワク感」で生徒さんを包むようにしなければなりません。

これが、ホームページやブログでやることの一つになります。

前田の場合

前田の教室は道路に面した場所にあります。

ただ、長年お好み焼屋をやっていたからか(2015年末廃業)、
認知としては、お好み焼屋です(笑)

ですので今年の3月中頃から、教室としての認知を上げようと、
チラシ、ポスター類をたくさん貼ってあります。

センスのかけらもない配置ですけど(笑)

ここの役割は、とにかく「認知」!
足を止めてもらうこと、です。

これでだいぶ道行く人にお声がけいただけるようになりました。
お問い合わせも増えましたね。

まとめ

「目立つこと」は大切です。
認知してもらわないと何も始まりません。

広告チラシもパッと見て「お!」と思ってもらわないとなりません。

ぜひ、

1) 教室の違いレッスンの違いなど、「違い」をどれだけまだ見ぬ生徒さんへ伝えられるか

2) 目立つこと

3) わかりやすいこと

この三つを凝縮したチラシ・HP、ブログを考えましょう!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする