物語のある「わくわく」できる自宅教室が生徒さんを引き寄せる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅教室 生徒さんが来ないー

開校後、最大の難所が「集客」になります。
すでに開校していて、ここで苦しんでいる先生も多いことでしょう。
ですのでこれから開校する人は、ここを十分に押さえておきましょう。

1)自分の教室をいかに理解してもらうか

2)自分の教室をいかに魅力的に見せるか

つまり「行ってみたいな」「何かよさそう!」と思ってもらえるか、
になります。

1)のためにはあなたの教室が
どんな方を対象に、どんな内容のレッスンを、どう指導しているのか

を理解してもらうための「メッセージ」が必要です

2)のためには、いわば「ここに通うと私にとても素晴らしいことがある教室」
であることを、ありありと「イメージ」してもらうことが必要です。

なぜなら、「ありありとイメージ」していただくことで、
「感情」が動くからです。

人は感情が動かないと行動に移しません。

ですので1)・2)のために、教室の「本質」「軸」を定めましょう。

それは下記になります。

①あなたの「ブランディング」を決める
②教室のコンセプトを決める

①は自宅教室のKFS(キーファクターサクセス)、成功のカギとなる要素です。

自宅教室においては、「先生=レッスン=商品」となります。

ですのであなた自身をどう「表現」するか、が大切になってきます。

音楽家なら、コンサートのパンフレットに載せる、
プロフィールや写真を思い起こして下されば、
何となく理解が進むのではないでしょうか。

つまり簡単にいえば、どうイメージしてもらうか、です。

②はビジネス上の基礎・土台となるところです。

基礎が強固にできていなければ、すぐにもろくも倒れてしまいます。

①と②で、あなたが「どんな想い」で「どんな教室」を開いて、

・世に貢献したいのか?

・社会や業界その他、どんなところをよりよく変えていきたいのか?

・誰の役に立ちたいのか?

ここをより強固に固めることで、
最大の難所である集客を通過することができるのです。

まとめると

1)あなた先生のブランディングをする
=生き方・在り方、あなたの「本質」を探求する

2)あなた教室の「軸」を立てる =コンセプトの決定

3) 1)2)に沿ったメッセージを適切な媒体メディアで発信する


集客の成功

4)1と2に沿った教室運営をする

例:内装・環境・ホスピタリティ・指導法etc

教室経営の成功:利益が出る教室・リピートを生む教室

生徒でいっぱいの地域に愛され永~く続く人気教室に!

自宅教室の先生は、あれもこれもとなりがちですが、
その中でどれを自分の「軸」として立てるのか?

ここをきちんと決定してこそ、あれもこれもが生きてきます。

ただあれもこれもと並べた「だけ」では
どこにでもある「無難」な教室になります。

商品をただ並べただけのお店と、
コンセプトをもって商品構成をきちんと考えているお店。

どちらに行って買い物をしたくなるかは明らかでしょう。

そう、ある「ストーリー」にそって構成されているお店は、
わくわくしませんか?

教室もビジネスですから、ここは同じです。

物語のある「わくわく」できる教室で、
生徒さまから「選ばれ続ける」人気教室になりましょう!

日本中そんな自宅教室でいっぱいにするための
お手伝いを下記サービスでしています。

ぜひ、ご用命くださいね!!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする