周りの人にアドバイスをもらう場合の落とし穴とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何をどうしたらいいかわからない
教室をオープンしてもやっていけるの?
私のレッスンで大丈夫?上手な先生をたくさんほかにいるし
生徒さんが集まるか心配…
オープンにお金をかけたくないし、かけられない
自分に自信がない
もっとほかに資格をとらないとやっていけるか不安…

・・・あてはまる数が多いほど身動きが取れなくなります。

動きたいのに動けない現状から抜け出し、夢をかなえたくはないですか♪

「初めて」は何でも不安なもの

・認定資格を取って、カルチャースクールで講座をもっていた
・音大を出て、楽器店の音楽教室などでレッスンをしていた経験がある

こういうキャリアをお持ちの方も多いでしょう。
しかし、楽器店やカルチャーセンターという「看板」があって先生をしているのと、
その看板から離れて、自分で事業を起こして利益を出し、
その教室事業を継続させていくことは全く違います。

実際、開校してから生徒さんが集まらず、「こんなはずじゃなかった…」
と悩み苦しみ、心を痛める先生が後を絶ちません。

何をどうしたらいかわからない時は、
しなくていい思い・味あわないでいい苦しみに心を折られる前に、
どうぞ自宅起業に詳しい前田にお尋ねください。

解決の糸口は意外と簡単なことにあるかもしれません。

周りの人にアドバイスをもらう場合の落とし穴

独学では解決できないことがあります.

そんなとき、だれにアドバイスをもらいますか?

先に教室を開いている友人知人?
ご主人・ご家族?

もしあなたの周りの家族、友人・知人で、
その人やその方達の周りに独立起業したことがいない人にアドバイスを求めたら、
無責任に楽観的なことを言われるか、逆に、
「うまくいくかどうかわからないよ」「やめたら」「あなたにできるの?」
など悲観的なことを言われるでしょう。

前田の知り合いで、
実の母親に、開業について「むり」「あなたにできるの??」
ほか否定的なことばかり言われて、
たいそう落ち込んで身動きが取れなくなってしまった方がいます。

こういう人たちを「ドリーム・キラー」というそうです。。。

先に教室を開いている友人知人ではどうでしょう。
あまりうまくいっていない人に尋ねると、
ネガティブな面を強調してアドバイスしてくれるでしょう。

うまくいっている人なら、ポジティブな面を強調してアドバイスをくれるでしょう。

ただし、その人自身が「なぜうまくいっているのか」
をきちんと把握できていない場合もあります。

ですので、その人の「成功体験」が、あなたにも当てはまるとは限りません。

「目からウロコ」とはまさにこのこと

本を読んだり、人に聞いたり、あれこれ試行錯誤しても、
自分一人では解決できないことがあります。

あなたも今まで幾度となくトライして、自分なりのレッスンを生み出そうとしたり、
どんな教室にしたいのか考えつづけたのではないでしょうか。

しかしついに行き詰まりを感じ、自分には無理なのではないかと、
絶望感を抱いたことも、あるのではないでしょうか?

そこから抜け出し、行き詰まりを突破するには、
専門家の力を借りればいいのです。

実際、前田がたくさんのクライアントさん(教室を開きたいという方や、経営を改善したい方)とセッションしていると、

「なるほど~!!」といわれることがよくあります。

それこそが、今までの行き詰まりを打破する、「新しい知見」「新しい視点」です。

独学では見えてこなかった「切り口」でアドバイスをもらえることで、
それこそ今まで目の前にあったもやを晴らし、「行く道」がはっきりと見えるので
不安なく行動できるのです!

アルバイト業種10種、自営・個人事業主歴 20年以上。自宅教室以外の異業種(飲食店)の経営経験を積んだ前田だからこそできること

前田は、あなたの悩み不安を解消し、成功する自宅教室を開くための行動の手助けをする、
そんな活動をしております。

なぜそれが前田にできるのか?

学生時代からフリーター時代を通して10種のアルバイトを経験し、家業であった飲食店も運営。

そしてたくさんのクライアントさんの事例をサポート、
自身も12年教室を継続している前田だからこそ、
あなたの不安・心配、そして「現在位置」がわかるのです。

この「現在位置」がわかるからこそ
あなたの目指すゴールへのロードマップを、一緒に描けるのです。

あなたが一歩一歩、
何のために何をしているのかを実感しながらわくわくして
「自宅教室の設計図作り」ができるようサポートします。

「コンサルティング」の定義

コンサルティングというと問題解決、売上劇的UP などと思われる方が多いですが
それ以上の役割・価値もあるのです。

いわゆる「コンサルティング」については、
難しい定義はいろいろとあるのですが、、、

一般的にいうと
「会社・組織などの目的・目標の達成に助力する」ということが挙げられます。

前田でいえば、あなた(クライアント)の自宅教室を開く!
という目標達成を全力でサポートする、ということになります。

ひとつ知っておいていただきたいことに、
コンサルティングの内容にクライアントの「学習の向上」があります。

つまりコンサルティングを受けることを通して、
様々な知識・ノウハウ・実践・行動を学び、
能力やスキルを向上させていくということです。

コンサルティング期間・契約が終わっても、
コンサルタントに依存することなく
自分で考え行動・実践できる。

前田も最終的にはあなたにそうなっていただきたいと願っています。

よいコンサルタントとは

クライアントにとって見本であり、
クライアントを全面的に受け入れ信頼関係で結ばれ、
クライアントが自発的に努力するよう全力で支援する、

これがよいコンサルタントです。

一緒にいることで見本を示す伴走者となり、
行動を起こすきっかけをつくり、支援し成長を促す―

これが、クライアントの、つまりあなたの成長と発展を約束することになるのです

あなたの自宅教室開校・改善に向けて、全力でサポートします。

あわせてぜひお読みください

プロフィール・理念
http://jitakukyoushitsu.com/company/

初めての方へ
http://jitakukyoushitsu.com/page-1129/

サポートの特徴
http://jitakukyoushitsu.com/2018/02/03/post-1904/

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする