自宅教室に起こりうる4つのトラブル、それを防ぐあなたの○○とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅教室を開校すれば、
様々な予期しない出来事・トラブルに見舞われることでしょう。

自宅教室でなくても、一般的な個人事業・自営業でも起こり得ることを考えてみるとー

・お客さんが来ない
・仕事がない
・売上0(ゼロ)
・仕事で失敗し、お客様に迷惑をかけてしまった
・金銭トラブル
(売上が未収に、取引先の倒産、貸したお金が返ってこない、借金が返せない)
・事業を軌道に乗せるまで、貧乏暇なしというくらい忙しく、
休日が潰れ家族と過ごせない、辛い想いをさせている
・体力的な疲れ、健康不安

自宅教室のよくある4つのトラブルとは?

自宅教室でいうと、

・生徒さんがいない、体験にも来ない
・体験に来ても入会しない
・月謝を払ってくれない・遅れがち
・生徒さん同士のトラブル
・生徒さんとのトラブル
・近隣の方とのトラブル(騒音・駐車駐輪等)
・生徒さんがいきなりやめていくため売上減
・生徒さんの約束のドタキャン、いきなりの音信不通
・風邪をひいても休めないなど、健康を損ねる
・忙しくて家族とぎくしゃく
・やむを得ず廃業時、生徒さんとのトラブル
・広告業者など、外部の業者とのトラブル
・責任、忙しさ、トラブル、プレッシャーなどストレスによる心身の不調
etcetc

大まかに言うと、

売上等金銭トラブル、家族・生徒さんなど人間関係のトラブル、
外部業者とのトラブル、心身の不調

等がよくあるトラブルになります。

トラブルは、自分でコントロールできないところからやってくることもあるし、
あらかじめ気を付けておけば防げるトラブルもあります。

ですので、起こる確率を低くするために、あらかじめ予防しておいたり、
起きてしまった後に「どう対応するか」を決めておくなどの準備が大切になるのです。

心構え~美学・哲学が教室・先生を守る!

こうした現実にであってしまい何か起こった時に、
責任者であるあなたに、誰も指示してくれませんし、
誰も守ってくれません。

これを良い方向に持っていくことができる「チカラ」、
これを養っておくことが必要です。

それが、「心構え」なのです。

心構えは、あなたの教室のルールである「利用規約」に現れますし、
あなたなりの「経営哲学」に具現されます。

経営哲学というと小難しく思うでしょうが、
あなたの教室運営に対する「美学」といえばわかりやすいでしょうか。

あなたが、どういう目的で教室を開いているのか、
どんな思いで、何を一番大切に生徒さんや業者さん、家族と接しているのか―
あれはするけど、これはしない!

この哲学・美学が、困難やトラブルにあったとき、
そこから抜け出すチカラになります。

いわば「経営理念」「クレド」といったものですね。

オリジナル・モットーがあなたの教室を発展させる

例えばマエダは以前、コンサルティング事業を立ち上げた際、
こんなクレド、ポリシーを掲げました。

◇前田のポリシー

1. 人のココロを優しさとあたたかさで包み込みます。
2. 「信頼と尊敬」でもって、人と対等に関わります。
3. 人の人生・痛み・ココロの傷を丁寧に扱い、尊重します。
4. 人の足りない部分をそっと埋めていきます。
5. 人の自信・やる気を育み、自己実現への背中を押します。
6. 「共に生きる世界」をよりよく変わらせます。
7. 大きな時の流れの中で世界を見、時代を感じて、
未来を見渡せる「目」「感覚・直感」を大切にします。
8. 守れる人・豊かさを分かち合える人物で在り続けます。
9. 弱者を守れる勇気ある強さを身につけます。
10. 愛する人を生涯大切にします。

ちょっとお恥ずかしいのですが(笑)

ご自身の教室をどんなふうにしていきたいのか
どんなふうに育てていきたいのか

あなたにしかないオリジナル・モットーで、
トラブルをチャンスに変えるような「チカラ」を
身に付けましょう!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする