自宅教室4つの成功のポイントを今すぐチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

では次に、事業成功のポイントを
ビジネス面から見ていきましょう。

社会に必要不可欠か

外部環境に照らしてみると

◆成功ポイント
1)一定の市場がある・見込める
2)顧客を開拓し維持できる

これは大きくいえば、事業が「社会に必要不可欠なものであること
と言えますね。

事業は継続していくことが重要です。
そして利益を出さなければなりません。

市場に成長性があるかはとても大切です。

どんなに優秀な起業家であっても、
例えば衰退に向かっている市場に参入してしまえば、
まずうまくいかないでしょう。

優れたサービス・商品を持っていても、
それを欲しいという人が年々減っていくとどうなるか、
想像に難しくはないですね。

競争力があるか

◆成功ポイント
3)ライバルとの差別化ができる
4)商品・サービスに独自性がある

起業家のやる気などに問題がなくても、
参入したい市場の競争環境が非常に厳しいと、
その中で勝ち抜くためには、
何か「光るもの」を持っていなければなりません。

商品・サービスの独創性を実現できる強み(コア・コンピタンス)、
自分独自のやり方があるか

つまり「競争力があるか」ということです。

2)顧客を獲得できる、というのは、
1)の成長性のある市場の内で
3)4)と競争力を持った商品・サービスがあってこそできること、です。

かつ前記事で述べた心構えとして、
やり遂げようとする意志や情熱・忍耐力、
夢・ビジョンが必要となってくるのですね。

ここまで考えた上で、この事業の有望性・実現可能性を検討し、、、

と難しくいうと進んで行くのです。

ビジネスアイデアとビジネスモデルの違い

前田がアブナイなあと感じる人は例えば、

親子(幼稚園から小学校低学年)etcを相手に、
食育を教えたい・絵を教えたいetc―

ここで思考が止まっている方です。

これはまだ「ビジネス・アイディア」の段階なのですね。

そしてこの段階から一気に、開校まで突っ走ってしまうのです。

簡単にいえば

どうやって生徒を集め、どうやって売上を上げ収益を出すか

まで具体的な戦略・戦術、つまり最低限やらなくてはならないことを
すっとばしてしまっているのです。

友人知人に声をかけてとか、ブログで、ポスティングで、、、etc

というのは何となく浮かんでいるのですが、
具体的にどんなブログ記事を書くのか、
ポスティング用の広告に何を書くのか―etc

おそらくこれらを実際に書く段階になって初めて、
ぴたっと行動が止まるでしょう。

「ビジネス・アイデアの段階ですよ」

前田はそれとなく、またははっきりと伝えます。

あれもやりたい、これもやりたい

事業構想が完全な夢物語になっていると、あとで困ります。

・・・前田が実際経験してしまったように―

起業希望者はまず、
ビジネスアイデアから一歩も二歩も進めるのが、
事業成功のポイントです!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする