自宅音楽教室の場合 ~設備投資(防音など)と近隣関係について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムズカシイのがご近所トラブル。

知り合いのフラワーの先生は、裏隣の家の奥さまがちょっとウルサイ人で、、、
ということで、自宅ではレッスンをしていないそです。

う~む。。。

ではご近所の家々とあなたのご自宅とは、
どのような位置関係になっているのでしょうか。

音漏れは大丈夫ですか?

防音工事の必要ありと無しでは初期投資が大きく違います。
当然開業後の資金繰りにも関わってきます。

また、開業後の生徒さんの車での送り迎え・自転車置き場等スペースはありますか。

近隣に迷惑をかけないことは大前提になります。

防音について

防音については、防音工事を専門にやっている業者さんに頼むか、
ヤマハさんや河合楽器さんに頼むのが手っ取り早いのですが、
かなり費用がかかります。

防音の程度によりますが、いろいろなサイトを見ると、坪50万前後~、みておいたほうがいいでしょう。

一度前田もヤマハさんのアビテクスに見積もりを頼んだのですが、
他社さんと比べても妥当な金額で、営業マンも気持ちのいい方でした。

ただ、規格サイズなので天井が元の部屋と比べると
かなり低くなってしまうため、これはあきらめました。

防音室は簡単に言えば部屋の中にもうひとつ箱=部屋を作るようなものなので、
完成すると思ったより狭くなると思います。

気をつけましょう。

街の工務店さんに頼むなど、大工さんでも防音工事そのものは、もちろんできます。

ただ、音楽教室の場合、音響がどうなるか、なのです。

簡単に言えば、お風呂の響きがイメージしやすいでしょう。
または逆に、響きがかなり悪くなるかもしれません。

ヤマハ・アビテクスでは、使用する楽器によって音の吸収率が決まっていたと記憶します。

専門の業者さんもこの点はきっちり決まっているはずです。

あなたが音響を、響かせたいのか響かせたくないか、
きちんと決めておいたほうがいいでしょう。

なお、自分でやる・大工さんに頼む、という場合、
グラスウールはふわふわのものより値段は高いと思いますが、
ぎゅうぎゅうになったボード状のものが吸音効果はかなり良くなります。

また換気扇の防音は気をつけましょう。
換気扇そのものが防音用というものがありますが、
それをはめ込む周りをきちんと防音しないとかなり音が漏れます。

あと、かなり重くなります。天井は大丈夫ですか?

材料については、遮音シート、石膏ボードなどや、吸音・遮音が組み込まれたボードが
いろいろな防音・住宅メーカーから出ています。

ネットで検索してみてください。

新築で最初から防音室が作れるのなら、最高ですが、
後からリフォームで部屋にそって防音する場合、残念ですが多少の音漏れはすると思います。

ホントにどこから音が漏れるか、やってみないと分からないのです。。。

その音漏れをよしとするかどうかになりますが、
ご近所付き合いも大切にしておいたほうがよいですね(^^♪

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする