自宅教室の集客について~商圏を見る・基礎編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開校後、一番苦労するのが集客について。

さあ、一番知りたいところでしょう(笑)

開校当時の前田を事例に、音楽教室を例にみてみましょう。

自宅近辺の商圏を見てみる

前田の教室・あんぷらぐどから自転車で5分圏内に、
小学校2校、中学校1校あります。

また、10分内では隣接市の私立幼稚園から高校までの一貫校、
小学校、高校が各1校あります。

そして、この5分圏内で、
個人が自宅で開いているピアノ教室・声楽教室、
地元企業の音楽教室があります。

他にも隣接の駅とかにも5~6校あります。

意外と多いんですよね、音楽教室は。

この環境(経営学では外部環境といいます)で、
あなたがピアノ・音楽教室、カルチャー系自宅教室を開きます。

前田は開校当時、タウンページの「音楽教室」のページを改めて見て、
こんなにたくさんある音楽・ピアノ教室のなかから、

みなさんどうやって教室を選ぶのだろう、
みんな同じ?どの教室がどうちがう?

とちょっと愕然としました。

自分の教室の特徴を出そうと考えても、例えば
「うちは講師に自信あり」と思っていても、
タウンページを見れば

「大学院卒の講師が・・・」「現役の声楽家が・・」

などとあり、自分の教室と差別化が全くできないことに気付きました。

習いたいと考えている生徒さんから見れば、「(どこも)おんなじ」なのです。

インターネットのHP・ブログでも同じです。

ちがいが良く分からない。

となると、生徒さんはもう、インターネット検索・広告・HPでよく見るところへ、
まずはコンタクトを取るのではないでしょうか。

広告量の多さが勝ちになってしまいます。

広告と差別化と理想の生徒さん

だからといって広告を出しても、
しっかりとした内容を考えなければ、

反応が悪いから、次回から広告を出さない、
するとますます問い合わせがない、
入会がないから広告が出せない、
ますます問い合わせがない、入会がない・・・

と負のスパイラルに陥ります。

さあ、ではどのように生徒さんを集めればいいでしょうか。

「幼児からジイジ・ばあばまで、いろいろな人に来て欲しい―」

こう思って広告を出すとー

「誰か来るかもしれないし、誰も来ないかも知れない」
という状況に陥ります。

「こどもから大人まで、趣味から受験対応」とよくありますが、
教室を探している人から見ると

「あっちも同じ事書いてるし、こっちもおんなじ」
となってしまいます。

では、他教室との違いー差別化といいますーを
どうアピールすればいいのでしょうか。

まずは自分の「強み」を確認しましょう。

「実はこども相手より、大人の方に教えるほうが得意なんです」
「こどもにピアノの楽しさを伝えたいんです!」

なんてこと、あるんじゃないですか?

最初はコワい生徒さんの絞り込み

新規でも既存でも、開業後一番の問題は集客、つまり生徒をいかに集めるか
これに尽きます。

そのために、よくいう顧客ターゲットだの差別化だの、
各種分析ツールはあるといっていいと思います。

新規開業、特に初めての独立開業だと、おそらく

顧客ターゲットの設定

つまり顧客を絞る、ということの大切さがぴんと来ないかもしれません。

前田はわかっていたつもりでぜんぜんダメでした。。。

当時の事業計画書を見直すと、まあぜんぜん絞れていません。

というか、トコトン考え抜いていないですね。
そこよりも自分の教室の特徴ややってみたいことばかり、青写真のみでした。

要するに「ワタシが、ワタシが」、「ボクのコト分かって、ワカッテ」状態です。
人間関係でこんな自分のことばかり主張されたらイヤデスよね(笑)

ターゲット設定を開業時「こんなもんかな」でも、最初は生徒さんの申し込みがあるかもしれません。

しかし、

しばらくすると広告の反応が悪くなる
生徒さんの数が頭打ちで伸びなくなる

などとなってくると思います。

そこにいたって、ターゲット顧客の絞り込みの大切さに気づきます。

でも、新規開業ご希望のあなたは、そんな時間のロスをしないで、
初めから成功への階段を上りましょう!!

直接競合・間接競合とは

以前、某情報誌にこどもピアノ生徒募集の広告を出した際、

「くじけず頑張る心を育みます」
というキャッチを使いました。

でも、あとで気がついたのですが、くじけず頑張る心は、
なにもピアノ教室ではなくても、育めるのですね(笑)。

スイミング、バレエ、ダンス、野球、サッカー、学習塾、・・・しかり。

で、上記習い事も、立派にピアノ教室の、特にこどもピアノにとっての競合になるのです。

ピアノも最近では「習い事のうちのヒトツ」に過ぎない場合があるのですね。

最初から音大を目指してピアノを習うお子さんは少数ではないでしょうか?

たくさんある習い事の中から、

「あなたの○○教室」を選んでもらうための理由

これを見つけておきましょう!
競合はなにも音楽教室だけではないのですから!

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする