開校してから大きく失敗しない方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでもそうですが、未知の世界へ足を踏み入れようとすることは、やはり怖いですよね。

新しく何かを学ぼうとするとき然り、自宅教室を開業しようとするとき然り、です。

何をどうしたら良いか分からなくて一歩踏み出せない
失敗するかもしれないと思うと怖くて…

最近読んだものの本によると、何かをしようとする際、怖さを感じたらどうするかというと-

怖さを感じたらどうするか

その中へ飛び込んでしまえ

ということでした。
その渦中に入ってしまえば、もう必死になるからコワいと思っている暇はない、
という意味のようです^^

確かに、バンドのライブ前とかあがったりして怖気つくこともありますが、
いざ本番が始まってしまえば、それどころではなく、やらざるを得ない状況ですものね。

自宅教室開業もそうです。
動き出したら、そのまま行動し続けましょう。

行動し続けていると、なにやら意識が変わってきます。

何か困ったこと・分からないことがあったら、
そのときは前田にご連絡くださればいいだけです(笑)

テスト思考でトライ!

前田はよくクライアントさんに「テストしましょう」といっています。

…レッスンを組み立てました。
ハイ、テストしましょう!

…これこれこういう集客をしたいんですけど
ハイ、テストしましょう!

・・・
結局のところ、やってみないとどうなるか分らないのです。

やってみて結果が良ければ繰り返せば良し、
ダメだったら、どこが悪かったかを検証し改善、再び実行する―

この繰り返しなんですね。

で、やるべき事をなかなか実行に移せない人というのは、
その原因は、マインドの観点からみていくつかあります。

自信がない
怖い
うまくいかなかったらどうしよう。。。

こういう場合、つまりはベクトルが自分自身にのみ、向いているのですね。

・・・・・
自分に自信がない
やってみて、結果がうまくいかなかったら、自分がどうなるか分らない、だから怖いー
失敗したら、近所の人たちに笑われるんじゃないかしらー 恥ずかしい、、、
・・・・・

でも、結論を先にいうと
————————————–
致命的でない失敗は、早目に済ましておきましょう。
————————————–
これが前田のオススメです。

そしてだんだんと失敗の数を少なくしていって、
その代わりに、小さくていいから成功体験を積み上げてゆく―

前田がクライアントさんと一緒に作りあげることっていうのは、
「何かをする際の精度をより上げる」
ということに他なりません

そうですね、あなたになら、
「完成度を上げる」
といったほうが分りやすいかもしれませんね^^

つまり
「うまくいく確率をいかにあげるか?」
「成功体験をいかに増やしていくか」

なのです。

また、行動を起こしやすくするという点も挙げられます。

大きくて重たい岩を動かすとき、一番大変なのは「最初に動かす」ときで、
あとは慣性の法則に従ってラクになってゆく、とはよくいわれることです。

実際、前田のクライアントさんでも、
一度体験レッスンを開催してからはどんどん行動に加速度が付き、
「えっ、もうそんなに開催したんですか??」という方もおられます(笑)

最初の一歩の伴走者として

最初の1歩というのは、正直怖いものです。
その怖さを軽減するのも前田の役目です。

————————————–
こんなに大変な想いをして、
こんなにいっぱい頑張ったんだから、
大きく失敗するはずがない!
————————————–
前田が伴走者・伴奏者としてサポート致します!

安心して開業に向けて行動しましょう!
行動しないと、来年になっても何も変わらないのですから(^^♪

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする