家族の不安とドリームキラーと創業と守成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12年前あんぷらぐどを立ち上げるとき、母はあまりいい顔をしませんでした。

当時は亡き父が起こしたお好み焼き屋を営んでいたのですが、、、

大きな変化と失敗への不安

母が思っていたのは、

お好み焼屋があるのに何を言っているんだ、うまくいくの?失敗したらどうするの?

というところでしょう。

前田がその頃母によく言っていたことです。
「いや、おふくろのやることはお好み焼屋だけで変わらないから。
こっち(お好み焼)の店舗にも何の変わりもないし」

明日に何がどうなるのかがわからないような、大きな変化を嫌がっているようでしたので、
母の日常は全く変わらない、ということを強調していました。

前田の方は、変化したくてしょうがなかったのですが(笑)

ドリームキラー

何かを始めようとする人の意思をくじこうとする人の事を、
ドリームキラーと呼ぶそうです。

「大丈夫なの?」
「だまされてるんじゃない??」
「あなたにできるわけないから、やめておきなさい」
etcetc

でも仕方ありません。。。
家族の協力なしにはうまくいきません。

あなたは大丈夫ですか?
しっかりあなたの想いを伝えていますか?

だからこそ、しっかり考えることが必要なのです。

なんとなく教室やりたい、ではなくて、
「私はこの仕事でこの社会に自分の足で立つ!」
という誇りをもって、考えてほしいのです。

家族を説き伏せるぐらいの情熱と、事業性を高める準備を怠りなく進める―
するとここで問題となってくるのが-

創業と守成

中国の古典のとある書物のなかの言葉です。
国を興すことと、そのあと維持発展させること、という意味です。

簡単に言えば、自宅教室のオーナー件講師のあなたは、
どちらが向いていますか、ということです。

教室を興すのが得意か、日々の運営が得意か。。。

開校前ではよくわからないと思いますけど(笑)

で、この書物では、どちらがたいへんか、ということに対して述べているのですが、
本での結論どおり、どちらもたいへんだと思います。

何しろ前田は、両方味わっていますので^^

興した初代、2代目社長、3代目…
役割が違うのです。

前田の知り合いで実際に開校してみて、自分は日々のレッスンより、
マネジメントとか、事業計画を練る方が向いてる!
と気づいた先生もおられますし。。。

前田の場合、どちらかといえば、「創業」のほうが向いているようです。
つまり起業ですね。

どういう教室を開くのか、戦略を練り、ビジネスモデルを組み立て、分析する―

いろいろな先生方の、新しい事業の方向性を考えたり、レッスンのアイディアを練る、

そんな相談にたくさん乗ってきました。


一人では大変です。

慣れない分野がありましたら、どうぞ前田に連絡くださいね!

コンサルティング

【ご案内】

自宅教室オーナー先生のための、起業、運営・経営カイゼンのご相談・コンサルティングや、誰にも言えない心のお悩み相談カウンセリングのセッションです。

月単位ではなく、1回からのご相談もできますので、まずはお気軽にご相談ください!
zoomまたはスカイプでの相談となります。

おもにあなたのお悩みの「問題点」はどこにあるのかを探りながら、どのようなことをしながら問題を解決しようとするのか、それを実際に「体験」していただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする