事業を成長させるために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田の家業は、35年ほど続くお好み焼屋でした。

2015年12月末日で廃業するまでの最後の10年間は、
前田の教室あんぷらぐどと2足の草鞋を履いていました。

教室事業だけになって1年ほどたち、4月には12年目を迎えるあんぷらぐど。
11年もやっていると、いろいろと分かってきます。

規模を拡大?質を深める?

運営業務の中には、「これ、前田じゃなくてもできるよなあ」と思う業務も、
判別できるようになっています。

その分、「事業主」「経営者」としての仕事に専念したい、と思うようになりました。

で、今、前田が考えているのは、スタッフを雇うこと。
来年あたりに実現したいと、計画を立てています。

前田は今のところ、あまり規模の拡大には関心がありません。

それよりもいかに質を高めるか?深めていくか?

のほうに興味があります。

前田なりの自宅教室事業の完成とはどんな形態か?の追求

ということですね。

成長戦略として教室事業を考える

と同時に、新しい事業の立ち上げも視野に入れています。
異分野なのですが、全くなじみがないという業種ではないし、
今まで前田が学んできたことが、活かせると思っています。

つまり、前田の強みを活かせ、さらなる成長が見込める、ということです。

経営学で出てくる成長戦略には、
規模の拡大とか、事業の多角化 etc、などというものがあります。

お好み焼屋をやりながら教室事業を、というのは多角化です。
・・・って自営業なのでそんな大層なことではないですけど(笑)

例えば、生徒数を増やし、先生を増やす。次に、第2教室、第3教室を開く!
というのは規模の拡大ですね。

さらに、そのノウハウを活かしフランチャイズ化する、とか、
異分野の教室事業に乗り出す、とか、
成長した教室事業を売る、とか、

教室事業の「ゴール」は果てしないです(笑)

 ビジネスとして「自宅教室」を見る

前田は、全くではないですが、教えていません。
講師に来てもらっています。

なので、レッスンよりもマネジメントが仕事になります。

オーナー先生はそうはいきませんよね。

レッスンをしつつ教室事業をマネジメントする、
というのはなかなかに大変なことです。

レッスンを研究する方が楽しいでしょうし、
その楽しいほうへ流れるのは、あたりまえですね(笑)

マネジメント(経営)って何?
何か難しそう
そこまで手が回らない・・・

という先生で、ビジネスとしてご自身の教室を見たい、と思っている方は
ぜひ、コメントでも、下記フォームでも、ご連絡くださいね!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「好き」に集中!ネクスト・ステージ・サポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ● ネクスト・ステージ・サポート 「自分らしい人生を実現する!」をゴール...

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする