自宅教室の売上アップ方程式はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売上は次の3つの要素によって方程式が構成されています。

売上=単価×人数×回数(買上点数・頻度)

ですので、売上を増やすには、、、

自宅教室の売上UP方程式とは

売上を増やすには

1) 単価をあげる

2) 人数を増やす

3) 回数(買上点数・頻度)をあげる

この3つに取り組めば、事足れり!

・・・なのですね。

これを自宅教室用に変換すると

月謝収入=月謝(または単価)×生徒数×リピート回数

となります。

1) 月謝(単価)をあげる

月謝・1回当たりの受講料は適正ですか?

「お金をいただくことに躊躇してしまう…」
なんてことはないですか?

料金は、

「これだけの価値をあなたにお贈りします!」

という、生徒さんとの「お約束」です。

あなたの「決意」です。

または、なぜこれだけの料金をいただくのか、
その内訳を挙げられるだけ考えてみてください。

「あなたの時給」はいくらですか?
そこから経費としての場所代・水道光熱費等を引きますよ。

さらに、レッスン準備のための時間・モノ、研鑽のための費用 etcetc

それらもすべて、「利益」あってこそです。

堂々と正規の料金をいただき、さらに価値のアップしたレッスンを
生徒さんに還元しましょう。

2) 生徒数を増やす

ただ生徒数を増やすだけなら、受講料を安くすれば事足ります。

しかし、あなたの望まないタイプの生徒さんも
相手にしなければなりません。

また、前述の1)料金と関わるのですが、利益が少なくなれば
当然あなたのレッスンも「それなり」にしかなりません。

それでは評判の良い口コミにもなりませんよね。

下手をすれば、「つまらないレッスン」として
人の口に上るかもしれません。

理想は、来てほしい生徒さんをたくさん呼び込み、
あなたの欲しい料金で、
ず~っと、リピートしていただくことです。

そのためには、どんな生徒さんと、
ず~~とお付き合いをしていきたいですか?

3) リピート率をあげる

新規客を増やすには、リピート客を増やすより、
数倍(一説には3~7倍)かかるといわれています。

ですので、
新規生徒さんを集めることも大切ですが、
まずは体験に来てくれた生徒さんの

一) 入会率をあげる

二) リピートしてもらえる仕組みをあらかじめ作っておく

これらが非常に大切になります。

そのためにまず考えることは、「生徒さんの現実」を
きちんと把握することです。

そして、生徒さんの「現実」を、悩み多き納得のいかない「現実」を、
生徒さんの望む理想の未来へと、
「変化させることのできるレッスン創り」をすることが大切になります。

やってはいけないことと考えるコツ

月謝収入=月謝(または単価)×生徒数×リピート回数

売上を増やすには、

1) 月謝(単価)をあげる

2) 生徒数を増やす

3) リピート率をあげる

この3つでいいのですが、やっていけないことは、、、

生徒数を増やしながらリピート率をあげるには?

などなど、同時に2つのことを考えない、ということです。

2)なら2)を、3)なら3)を、ひとつずつ考えましょう!

考えるコツとしては

いきなり、受講料を1000円アップする!

とか、

生徒数を2倍にする!

とか考えると、苦しくなります。

まずは、各項目を 1.2倍あげるには?

と無理なく考えます。すると、、、

1.2×1.2×1.2=1.728

月謝収入が5万円なら、

50,000×1.728=86,400

無理なく収入アップです!

1.3倍なら?
1.5倍なら?
1.7倍なら?

徐々に増やしていきましょう!

【こちらがおすすめ!】

特徴ある「めだまレッスン」を創りこむところからはじめ、
集客~体験~入会~リピートと、継続的に利益アップできるような
「設計図」を作ります。

あなたの教室の、めだま的「体験レッスン」を創る! 体験レッスンに売り込まずに人が集まり、入会率・リピート率を劇的にアップ! 生徒数を増や...

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする