自宅で教室を開業するための有料広告は消費?投資?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店が開業をするとします。

ラーメン屋でもファミレスでも居酒屋でも想像してください。

飲食店がまず、一番忙しい時っていつだと思いますか?

これがまずは開業の時なのです。

開業時にとにかくお客さんをたくさん集める。

そして2日経ち3日、1週、だんだんとお客さんが減り、
落ち着いてきて、通常の営業になっていくわけですね。

ここからが飲食店は勝負になってくるわけです。

つまり、開業時に集めたお客さんを、どのようにか固定客にしつつ、
新規客を集める―ということです。

新規開業で、一番大事なことは、まず「売上」をあげること。

いかにお客さんに集まってもらい売上をあげるか、
そこに結構な予算をかけるのですね。

では、自宅教室の場合、どうでしょう?

自宅教室をビジネスとして取り組むのに…

あなたがすでに開校している場合、
当時のことを思い出して下さい。

あなたがこれから開校の予定なら、
今現在広告費についてどうお考えですか?

もちろん
ブログや口コミ、チラシなどで
十分に集客できている方もいらっしゃいます。

「最初は2、3人でいい。口コミで少しずつ増えてくれれば」
というのも、それであなたの望んでいる未来図に
到達できるのなら、十分に有り、です。

副業などで始める場合などですね。

しかしー

ビジネスとしてきちんと取り組んでいきたい方が、
開校時に、いえ、開校後も

「広告にあまりお金がかけられない」―というのなら、、、

前田は
—————————————————
売上を上げるという、
一番大事なことにお金をかけられない。。。
それってちょっと変なのではないだろうか
—————————————————

と思うようになりました。

お金をかけるといっても、
10万20万をいきなりぽ~んとかけよう、
といっているわけではありません。

必要な時には月に2~3万円、いえ
5万~6万くらいは使っても良いのでないか、
と思うのです。

あなたが広告費をかけられない理由―

それは
—————————————————
「どれくらい効果があるかどうかがハッキリと分らないので
かけたくてもかけられない」
—————————————————
という点に尽きると思います。

広告は投資?消費?

それは、広告を「消費」ととるか「投資」ととるか、
というマインドにもかかってくるのです。

消費ととるのなら効果の分らないものに
大切なお金はだせませんよね。

しかし「投資」ととるのならー

リターンがあると分かっているのなら、
お金を出す気にはなりませんか?

投資にはリスクが付きものです。
損をしないように、少しは勉強しようという気になりませんか?

ビジネスにおいてお金がないということ、
それは「売上がない」ということに他なりません。

売り上げがなくて、お金がなくて広告費がかけられないということは、
前田も経験しています。
何とかお金をかけないで集客できないものかと思いました。

ですが、売上がないということは、生徒さんがいないということ。

これは「ビジネスとしての自宅教室経営の失敗」を意味します。

開校1~2年、前田はこれを経験しています。

これがどんなに辛く情けないか。。。

このような思いをあなたにはして欲しくありません。

ビジネス上の悩みは売上が上がれば、
8割方解決するといっても過言ではありません。

そんな大事なことなのに
労せずしておいしい果実だけを獲るー

そんなに甘いことはないんでないの、
とやっぱり前田は思うのです。。。

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする