体験レッスンに殺到させる「必殺のキラー・ワード」を見つけるには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田の教室で、一番生徒募集の反応がよかった頃のお話です。

人気レッスン・
マネトレ!まねをするだけ超~基礎ボイストレーニング
の無料体験レッスンがありました。

定員8名のところ、ぴったり8名の体験お申し込みです。

結果は-

出会いの演出と行動の後押し

5名の方が当日入会・うち1名が1年間の申し込み、
1名マンツーマン個人レッスンへ変更、
1名体験キャンセル、1名入会せず、でした。

このマネトレ!は、いつものように、
フリーペーパーと地域タウン誌に広告を出しました。

で、今回入会した方の2名から、

「前から広告を見ていて、関心があったのですけど、
なかなか一歩踏み出せなくて…」

という意の事をいわれました。

実はコレ、以前にも複数の方から言われているのですね。

ここから、2つのことがわかります。

1つは、見込み生徒(生徒さんになるかもしれない人)の
発掘ができていること。

つまり、継続して広告を出しているからか、
レッスンに関心を持つ人が段々増えている、
ということです。

ですので、もっと反応してもらうために

見込み生徒さんと広告のコピー(文章)の

「最高な出会い」

これをどう演出するか、大事だなと思うようになりました。

広告で期待を高め、体験で

「これ!コレをわたしは待っていた!」

と思ってもらえる「一貫性」をどう構築するか、
これが大切になってくるのです。

「これは是が非でも入らなくちゃ♪」

あなたのまだ見ぬ理想の生徒さんに、
こうやって出会うためには、
どこにどうアプローチしていったらいいかー

その流れをきちんと構築しましょう!

二つめ、

躊躇してる人の背中をポンッと押してあげられるような、
「ひとこと」が重要である、ということ。

広告作成では当たり前の、
「8人限定!定員になり次第締め切ります」
とか、「本日のみ」「売り切れ御免」など、

限定性を訴え、今すぐ行動してもらう理由をつくる―

などが「ひとこと」にあたります。

行動せざるを得ない「ひとこと」。

あなたの「必殺の殺し文句」は何でしょうか?

例えばマエダなら

「メタボはコワくない」
「40代からのビール腹ダイエットに最強サプリあらわる!」

みたいな広告があると、つい
「むむ??」と読み込んでしまいます(笑)。

では、宿題です^^

さあ、あなたは、度入りでもサングラスでも、
眼鏡を新しく買おうかな~、
どうしようかな~、と考えています。

広告とか、店員さんに、
なんと言われたら買ってしまいますか?

それは、なぜですか?

さあ、キッチンタイマーを用意して、
3分でいくつでも書き出してください。

ぜひ、あなたの集客に役立ててくださいね!

…って前田もかなり試行錯誤を重ねました。

反応ゼロもたくさんあります。

地道にこつこつくりかえして
あなただけの「成功のパターン」を創りあげましょう!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする