自宅教室先生のブランディングが「選ばれる理由」になる共感と信頼を生む!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「先生」にとって、自分自身を知っておくことは、
本当に大切になります。

なぜなら、教室業において、

あなた先生 = 商品そのもの

になるからです。

ん?なんのこっちゃ??ですね。

先生からずっと学びたい!あこがれです!

今は契約等でどうなっているのかは分かりませんが、
こんな噂話を昔はよく聞きませんでしたか?

カルチャースクールで講師をしていた先生が、
自宅で教室を開くので辞めたら、
生徒さんもその先生についていって、
カルチャーを辞めちゃった。

お気に入りの商品をずっと買い続けるように、
人(先生)に人(生徒さん)がつくのです。

先生の実力・人柄はもちろん、
レッスンにどんな思い・願いを込めているか
生徒さんとどう関わろうとしているのか―
生徒さんはそんな「想い」に共感できるか―

「先生からずっと学びたい!あこがれです!」

例えるなら、
「このブランドのバック大好き!ここしか買いません。」
そのブランドにはそう言わせる「何か」があるのですね。

それは、そのブランドの企業としての姿勢・
商品への想いかもしれない。
技術かもしれないし歴史かもしれない。etcetc

それが「強み」となって顧客に絶大なる支持を得ている。

ブランド商品と同じで、
先生にとって「自分は何者か」を明確にすることは

自分自身を知る=想い・売り・特徴を伝えられる=
他教室との違いを明確にできる

という、経営上で一番難しくかつ肝である部分ができる、
ということなのです。

ここは本当に大切です!
開校してからも、ず~~~と考え続ける成功ポイントですからね!!

ここを知らずば、前田のように苦しみますよ^^

ですので、常にあなた自身を振り返り、
見つめる習慣を付けましょうね!

ご自身の強みを知り、独自の方向性を見つけ他教室と差別化するにはこちらから!

キャリア・アビリティを高める!

望む収入を得て愛する家族を守り、
明るく楽しく暮らす土台を創る!

“自己棚卸し”であなたの強み…

 

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする