自宅教室の広告戦術~反応がよかったコピーを大公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、タイトル名「広告戦術」というと何やら難しそうですが、
結局「自分の教室」がわかっていないと、できないのですね。

どういうことかというと、

「反応のある広告が作れない」のです。

では具体的に前田の場合で見ていきましょう。

最適な広告媒体とは

前田の教室・あんぷらぐどは最初の1年目は大赤字でした。

その大部分が広告費です。

前田は、ある程度わかっていた「つもり」で広告を出しました。

ところが―

まず開校前に3万枚の新聞折り込み広告を配りました。

2回に分けて1万5000部ずつ配りました。

この費用が幾らかかったと思いますか?

約18万円強です。

印刷代で1枚あたり約3円強。
折り込み料金も同じくらいです( B 4の大きさ)。

で、新聞の折り込み広告の反応率は、1万枚で3件とか言われています。

前田の場合、3万枚で、
5件の体験申し込み、うち1名の入会でした。

広告の効果測定で重要なのが、参加者1人当たり幾ら広告費がかかったか、です。

18万円÷5人=3万6千

1人を集めるために3万6000円です…
3万6000円あれば、貧乏性の前田はいろんなことができます(笑)

この頃は広告の作り方など何も知らず、
その頃折り込みに入ってきた、
塾やスポーツクラブのチラシを参考に作りました。

その後、2回程入れましたが、
効果が悪く見切りをつけました。

実は全く反応がなし・反応が0件という時もあったのです。
コレ、本当にへこみますよ~

で、次に目をつけたのが地域のフリーペーパーやタウン誌です。

これは折り込み広告よりは安く・
たくさんの人に見てもらえるだろうと思ってのことです。

前田は某フリーペーパーや、地域で長年タウン誌を作っている
業者さんに広告を載せました。

某フリーペーパーは、当時は名刺サイズの大きさの枠で3万円、
1ページ丸々で20万円と記憶しています。

もう一つの地域タウン誌は、一行15文字~から1050円~、です。

ほかの同じような業者さんによっては、
一行同じぐらいの文字数で3150円のところもあります。

高いですねえ^^

で、この両紙とも自分で文面を考えて広告を作るのですね。
開校してから半年、まだまだキャッチコピーなどの作り方すら知っていません。

この二誌には大変お世話になり、
最初の頃は、まあ満足とまではいきませんが
数名の生徒さんを集めることができました。

そして、6年前と今では社会環境が違うのですが
(好景気とか不景気やら社会情勢・政治やら)、
だんだんとどちらがより効果的かわかってきました。

誰に向けて書いているのか

さて、下記AとB,Cは2010年10月から12月にかけて、
その2誌に出した広告です。

どちらが反響が大きかったか分かりますか??

A.
童謡・唱歌を歌う~無料体験

男女問わず・年齢制限ありません♪
無料体験11月24日(水)10時,11時
29日(月)10時。要予約・各回60分・8名ほど。
♪発声のコツも伝授♪
歌は人生の同伴者。友や家族で口ずさんだ曲…
懐かしい思い出がよみがえります。
楽しく歌いませんか♪
2500円/月2回他実費有。月水午前・1回60分
☆豊春駅西口徒歩2分☆
お申し込みは今すぐ下記のお電話で
学び屋あんぷらぐど 担当:前田
048-755-

B.
童謡・唱歌を歌う

歌は人生の同伴者。家族や友人と口ずさんだ大好きな曲を
楽しく歌いましょう!発声のコツも伝授!
年齢制限ありません♪
◆無料体験レッスン・クリスマスの歌を歌いましょう♪
11月29日(月)10時 12月8日(水)11時 各60分・8名ほど。
定員になり次第締め切ります。
◆講座概要:月2回2500円
地図付チラシお送りします
豊春駅歩2分 あんぷらぐど
048-755-

C.
秋の新講座 音楽編
学び屋あんぷらぐど
◆童謡・唱歌を歌う
歌は人生の同伴者。家族や友人と口ずさんだ大好きな曲を
もう一度楽しく歌いましょう!
季節の歌・抒情歌などなじみのある歌をたっぷり歌えます。
発声のコツも伝授!
一回60分・月2回2500円
◆無料体験レッスン
11月8日(月)10時 ・24日(水)10時、11時 各8名ほど
定員になり次第締め切ります。
豊春駅歩2分 あんぷらぐど
048-755-

正解は、B→C→A の順で反応がよかったのです。

BとCは、同じタウン誌、
Aは某フリーペーパーです。

BCで、1名問い合わせのみ、11名体験申し込み、
うち8名が入会です。

あとは顧客リストから15名ほど選んでDMを送り、
そこから1名申し込んでいただけました。

広告の文面を見てもらえればわかるのですが、
前田がターゲットとしているのは60才前後から70代ぐらいの高年層です。

BとCのタウン誌からは、想定している年齢層からのみ、
反応がありました。

つまり、このタウン誌は、前田が来て欲しいと思っている層がよく読んでいるのです。

そして某フリーペーパー…
実は、反応無し、でした。何~にもありません。
問い合わせすらありませんでした。

広告の文面もほぼ同じですね。

でも―
前田はこれで確信しました。

某フリーペーパーでは、前田のきて欲しい見込み生徒さんは見ていない!

例えれば、30代前後の主婦層が読んでいるファッション雑誌に、
還暦の人をターゲットとした広告を載せるようなものです(笑)。

ターゲットが絞りこまれていないと、
広告媒体も最適なものが分らないし、選べないのです。

また広告の文面も、ターゲットの心に「刺さる」ようなメッセージにはなりません。
それこそ当たり障りのないメッセージに
なってしまうんですね。

…………………………………………………
鉄則
絞り込んだターゲットに合わせた広告媒体を選ぼう
…………………………………………………

では次回も広告プロモーションについて解説したいと思います。

次はこちらです!

第8回:自宅教室が広告を出すゴールはこれ!
http://jitakukyoushitsu.com/post-1219/

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする