自宅教室先生の専門知識と経営能力の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開校には、教室を必ず成功させる!という強い意志と
それを実現するための能力と資源が欠かせません。

経営資源のヒト・モノ・カネ・情報―

オーナー兼先生であるあなたは、
「ヒト」にあたります。

自宅教室最大の経営資源は、
先生であるあなたです!

あなたなしには始まりませんよね^^

教室を経営するという経験

で、あなたは、先生としてその分野では十分な専門知識や
経験をお持ちだと思います。

音楽教室勤務やカルチャーセンター講師としての経験も
あるかもしれません。

しかしご自身で「教室を開き経営する」
という「分野」ではどうでしょうか?

十分な専門知識や経験をお持ちでしょうか。

専門知識を活かして生徒さんに分かりやすく楽しくレッスンをする
という能力と、
生徒さんを集め、利益を上げ、事業を継続させていく
という能力は全くの別物です。

ここを強く胸に刻んでください。
「教室を開く」場合の能力とは、
「事業に関する見識・経験」です。

簡単に言えば「経営能力」ですね。

生徒さんを集めることができる「能力」がなかったら、、
教室を続ける!という「意思」があっても、
先生としての「能力」を活かすことができません

事業を継続するのに必要なのが、経営資源。
教室業では

「最大の資源=あなたご自身」

ですので、その資源が活かされないのでは、
事業継続が困難になるのは当然ですね。

前田の場合、この、

事業に関する見識・経験=経営能力不足

で、カネ不足に陥り、教室経営を危機に陥らせました。
夢をかなえたはずなのに。。。

いえ、大丈夫です。

創業準備段階ですべてを完璧にできている人はいません。

どの分野のことを「わかっていないのか」、
これを意識するだけでも、成功の確率がグンと上がります。

ハッキリ申し上げますが、
これから教室を開きたいと考えている方の多くは
「事業に関する見識・経験」が不足しています。

はい、前田もそうでした。。。(苦笑)

ですので、前田の轍を踏まないよう、
あなたに前田の経験をお伝えしていきますね!

⇒次はこちらをお読みください
第5回:自宅教室最大の「強み」はあなた!
http://jitakukyoushitsu.com/post-1163/

ご自身の強みを知り、独自の方向性を見つけ他教室と差別化するにはこちらから!

キャリア・アビリティを高める!

望む収入を得て愛する家族を守り、
明るく楽しく暮らす土台を創る!

“自己棚卸し”であなたの強み…

 

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする