自宅で教室を開きたい! 最初の一歩はこれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で教室を開きたい!

「でも具体的に何からどう始めればいいの??」

あなたもこんな不安・疑問を
お持ちじゃないでしょうか?

実はこれ、業種に関係なく、
初めて独立起業する方なら誰でも思う疑問なのです。

なのでご安心ください。
ただ単に未学習である、というだけなのですから。

「うん?これはどういう意味かな・・・?」
ということもあるかと思いますが、
まずは気にせずに読み進めてください。

大丈夫です。

講座が進んでいくごとに
「なるほど、こういうことか!」
と理解できますので!

ではこれから、前田の経験を交えながら
ご説明したいと思います。

最初の一歩をどう踏み出せばいいか分らない

開業に向けて、やることが山のようにあると思うと、
何から手を出したらいいのか
さっぱり分らなくなりますものね^^

まずあなたが今、一番気になっていることは何ですか?

届け出でしょうか。
税金のことでしょうか。
生徒募集についてでしょうか。
ご自宅の内装リフォームのことでしょうか。
開業費用・資金でしょうか。

……

どれだけ生徒さんが集まって、
どれだけ収入があるかどうか分らないのに、
税金のことを考えるのは早いような気が前田にはいたします(笑)。

「届け出」などの決まり事、
つまり調べればわかることはいつでもいい気がします^^

生徒募集についても、
「どんな教室を開く」のかまだ決まっていないなら、
きっと、「あとにしよう」となるハズです。

ですので、まずは一番優先順位の高いものから、
手をつけてみてはどうでしょう。

優先順位はこれ!

自宅で教室を開きたい!と思ったとき、
下記の事がまず頭に浮かぶはずです。

1.いつ始めよう(=何月何日に開校しようか?)
2.資金は?どれぐらいかかりそう?
3.どんな教室にしよう・したらいいの?
4.生徒募集はどうすればいいの?

なのでまず、1.を決めちゃいましょう。

今から11年前になりますが、前田の場合は―

3月末にプレ・オープン・コンサートを開いて
4月1日から開講、というふうに決めました。

これが9月頃のことだったと思います。
開校まで約7ヶ月ですね。

ひとつ決めると、
「資金はどれくらいかかるのだろう?きちんと調べなきゃ」
「スケジュールは逆算すればいいのかな?」

と、次の行動に移れるのですね。
するべき行動がはっきりするのです。

ですので、
—————————
まずは、ひとつ決めること!
—————————

階段をイメージしてください。

例えば開校を100段目としたら、
0から100段目に一気には行けません。

一気に行けといわれたら、それだけで諦めてしまいますよね。

独立起業をする方で、最初の一歩を躊躇してしまいがちな理由が、
この「ハードルの高さを感じてしまう」なのですね。

実はこれ、自分で「やるべき単位=登るべき階段数」を
大きくしすぎてしまっているのです!

なのでまず0から1段上がることを目指しましょう。

あわてないで一歩ずつ、段階を上がっていきましょうね!

夢をかなえるために大切なこと。

それは

期限を決めること

です!

次はこちらをお読みください ⇒第2回 自宅教室開校へのスケジュール

http://jitakukyoushitsu.com/post-1141/

コンサルティング

【ご案内】

自宅教室オーナー先生のための、起業、運営・経営カイゼンのご相談・コンサルティングや、誰にも言えない心のお悩み相談カウンセリングのセッションです。

月単位ではなく、1回からのご相談もできますので、まずはお気軽にご相談ください!
zoomまたはスカイプでの相談となります。

おもにあなたのお悩みの「問題点」はどこにあるのかを探りながら、どのようなことをしながら問題を解決しようとするのか、それを実際に「体験」していただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする