自宅教室で方向性を見失ったら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でピアノ教室を開業しようとしている人から、
「どういう方向性でいったらいいか」悩んでいる、
と打ち明けられました。

ピアノ教室に限らず、カルチャー系自宅教室の先生でも
この「方向性」で悩んでいる人は結構います。

つまり、自分の「専門性」を
「どう活かしたらいいのか」わからない、ということですね。

ではそもそも「方向性」とは一体どういうことなのでしょうか。

目指すゴールまで

方向とは、読んで字のごとく「どっち(に行く)~?」ですね。

例えば―

京都いく? 九州? それとも北海道?

じゃどうやって行こうか。
新幹線? 飛行機? 各駅停車でゆっくり?
バスか、それともヒッチハイク??

一気に目的地まで行く?

何日かかけて行こうか。途中、乗換駅で一泊して行こう。
とすると乗り継ぎ駅へのスケジュールはどうなる?

…なあんて、楽しそうですね~

どっちにどうやって行く、はその時々の事情によって違いますね。
仲間と楽しく行く・1人旅をする、でもどう行動するかは違います。

お金がある、時間がある。
お金がないけど、時間がある。
お金も時間もない。

どう旅を組み立てるかが違ってきます。

どうやって行くか

・たくさんある要素から、何をどう組み立てるか、
どう行動するか、決める。

・たくさんある選択肢から、何を選び、何を捨てるかを決める-

これが「方向性を決める」ということです。
つまり方向性とは「選択」に関わることなのですね。

・あれもやりたいコレもやりたい
・これを選びたいけど、できるだろうか。ちょっと怖い

方向性で迷っているとは、
「どれを選択したらいいかわからない」
ということです。

これから開校しようとしている方や
開校後1年くらいのかたに多い、
選べない理由とは、実は

自分の中で選ぶべき基準がない、基準がわからない

なのですね。
ですので、基準がない・わからないのなら、解決方法はひとつ!

それは―

3C分析で決める!

基準を自分で作ってしまいましょう、です^^

自宅教室において、方向性を決めるために必要な基準とは

自分の強みと、競合の存在と顧客(生徒)」です。

それがわかれば自分の進む道がおのずと見えてきます。
何をどうを選べばいいのかが分かってきます。

…なあんて偉そうに書いていますが(笑)、
実はマエダもこの点に関してはトライアンドエラーを繰り返してきました。

この点ではかなり苦しみましたので、
あなたにはそんなに苦しんで欲しくはありません(笑)。

なので、開校準備中の方はこの
「自分の強みと、競合の存在と顧客(生徒)」を、
じっくり時間をかけて考えましょう。

すでに開校していて、もう一度自分の教室を見つめ直したい方は、
この「自分の強みと、競合の存在と顧客(生徒)」
から考え始めてはいかがでしょうか。

これを難しく言うと
「3C分析」といいます。

company (自社・わたし)
competitor (競合)
custmer (顧客・生徒)

あなたの強みを活かした、
競合と差別化された「方向性」を見つけ出しましょう!

初回40分起業・カイゼン個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする