このマインドが自宅教室を成功させる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マインド」とはよく聞く言葉ですよね。

「マインドを強く持って!」とか

マインド・マップ
マインド・コントロール
マインド・セット etc

でもそもそも「マインド」ってどういう意味なのでしょうか?

英英辞典を紐解くと、前田の理解のおよぶ範囲で(笑)

source of thoughts and feelings

などとあります。
ほか、ネットで調べてみると

人間の性格を決定づける感情と行動の基本的原理
(a fundamental emotional and activating principle determining one’s character)

う~ん、難しいですね^^
ここではごく簡単に
———————————
(物事に対する)心構え
———————————
と定義します。

人生に対するマインド=心構え
仕事(自宅教室)に対するマインド=心構え

いわゆる「セルフイメージ」とも関係あると前田は思っているのですが、
例えば自宅教室開校に対する心構えとして、、、

本音と心構えが違うと

1)近所の人や友人・知人に教えて
楽しい時間が過ごせればそれでいい。
レッスン料もそんなにいらない。

2)副業としてでもいいし、空いてる時間を有効に使って、
おこづかいかそれ以上の収入があれば、うれしい

3)この仕事で生計を立てていきたい!
この仕事で自分の力を試してみたい!
自分の力で責任を持ってこの仕事に取り組みたい!

趣味の延長線上の人と、
真剣に取り組む人ではやはり
「マインドが違う」
という言い方がぴったりかと思います。

つまり、心構えの「度合いの程度」ですね。

どれくらいの「想いの強さ・深さ」で
あなたの自宅教室にご自分の「夢を託す」のか?

どのような「気持ち」「情熱」で
あなたの自宅教室を「世に問う」のか?

1)~3)の場合でも、開校後の取り組み方・
行動が違ってくるのです。

自分がやりたいこと、理想としていること、
これの段階が違えば、「違うマインド」
つまり「違う心構え」が必要となるのは当たり前ですね。

例えば、3)の情熱を持っているのに、

・・・最初は近所の人や友人知人に教えて、
少しずつ生徒さんが増えてくれれば…

といった、1)の段階からスタートをしようと
考えてしまう方がけっこうおられます。

なぜ基準を下げてしまうのか?

これはやはり「不安」「恐怖」から来るのですが、
ここでは「マインドを強く持って!」
という表現がぴったりですね^^

また、本音はたくさんの生徒さんに来て欲しいのに、
心構えが「空いてる時間を有効に、無理のない範囲で…」

と思っているのなら「マインドが違うよ」ですよね。
これでは「たくさん生徒さんが来て」くれるような行動は取れません。

それなのにもし「生徒さんが来ない…」と悩んでいるのなら、
まず、自分自身を見つめることが必要となります。

「正しい心」と「商いは飽きない」

マインドとは、あなたののステージに適した
「取り組む姿勢」ともいえます。

そのためには、どういうマインド・心構えを
「常に」持っていればいいのか?

マインドでは、
このようなことを探求していきたいと思います!

ご自身を深く探求するならこちら!

夢・自己実現のための自分棚卸セッション
あなたは本当は何を大切に思っているのか? 本当はどう生きていきたいのか? ココロ・ファースト! 確信をもって自分自身の「今、ここ」を知り、...

「心の調べ」を整えるメンタルヘルス・セッション
ちょっと恥ずかしいお話をいたします。 ここ2、3年は、何らかの重苦しさを感じてきました。 各種セミナーに行っては、 成功体験や...

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする