自宅教室で月収20万以上稼ぎたいなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅ピアノ教室は競争が激しいです。

例えばよくありがちなのが、
近所にピティナの指導者賞をたくさんとっているような
大御所の先生がいるため、そちらにかなりの生徒が集まっている―

ピアノ教室なら、こんなことがあり得ます。

ほかの音楽・カルチャー系教室でも、
競合との差別化に悩んでいる先生は多いです。

つまり、競合が手強いということですね。
このような場合、全く同じ「土俵」「方向性」で戦ってはいけません。

あなたがやることは、

その先生の教室は、どんな点に力を入れているか、
逆にどの点に力を入れていないか、
その教室のホームページやブログがあれば調べてみてください。

力を入れていない点、もしくはこの分野なら勝てそう、
という点を発見できたら、そこを差別化ポイント、つまり、

「(あそこの教室とは)ココが違うのですよ」
「だからあなた(生徒さん)にとってこういうメリットがあるのですよ」

と生徒さんへのアピールポイントにしてみて下さい。
そのほかにも、、、

あなたが役に立つところは?

または、「生徒さんに対してどこまでするのか」
を打ち出してもいいかもしれません。

例えば、生徒さんに対して辛抱強く、
セミナーなどに通われるなど勉強熱心で、
教える切り口も通り一遍ではない。
レッスンでは考えられるあらゆることをしているなど。

生徒さん・保護者はレッスン内容以外で、
「先生のこういうところがいい」と思っていることも多々あるのですね。

だからこそ通い続けている「決め手」となっていることがあるのです。

そこを広告やHPなどに使いましょう。

でも「わかるまで丁寧にお教えします」ではダメです。
例えば、

「5通りやってダメなら10通りまで。
わかるようにできる魔法の引き出しがあります」

とか、ちょっとアレンジを加えましょうね。

自宅教室の質を高めるには

あなたの自宅教室の「質」は、やはりまず

来て欲しい生徒さん像を明確にすること

で変わってくると思います。

生徒を絞るということはホントにコワいと感じます。
皆さんそう言います。もちろん前田もそうでした。

しかし、、、

怖いからこそしっかり戦略を練るのです。

顧客を絞る、つまり顧客ターゲットを明確にする、
これはビジネスの鉄則です。

まずは

1)自分には何が出来て、どんな悩みを持つ生徒さんの役に立つか、明確にする

2)相思相愛になれる生徒さん像を明確にする

3)競合教室と違う、独自の「あなたワールド」を確立する

4)ぜひ受けたい、と思わせるメッセージ(広告)を作る

これらを考えてください。
…ってけっこうたいへんです^^

仮設を立て、実行し、効果がなかったら、修正、仮説、実行・・・

2,3回やって、結果が出なくてもあきらめないことです。
10回でも20回でもこつこつまめにやっていきましょうね!

自宅教室で月収20万以上を目指すなら!

http://jitakukyoushitsu.com/kyouzai_30/

体験レッスンをとことん考えるプログラム個別セッション
あなたの教室の、めだま的「体験レッスン」を創る! 体験レッスンに売り込まずに人が集まり、入会率・リピート率を劇的にアップ! 生徒数を増や...

初回40分無料個別相談はこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19028

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 友繁典子 より:

    はじめまして、こどもの絵画教室をしております。
    そちらの教材について教えてください。
    1万円ほどの教材で、教室の作り方というような商品の購入を迷っております。
    これは、パソコンのダウンロードのみの商品ですか?
    紙ものでは商品はないのでしょうか?
    パソコンの環境がないため、購入してもみれないのかな?
    でも、ぜひ、学びたいと思っております。
    紙、手にとって見れるテキストでの販売はされていますか?
    ぜひ、教えてください。

  2. 99box より:

    コメントありがとうございます。
    メールしておりますので、ご確認くださいませ。

    前田昌則