生徒数20人の壁~生徒さんのニーズに歩み寄ること!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて、前田の教室・あんぷらぐどには、
現在6人の先生に来てもらっています。

といっても月2回とか1回、毎週の先生もいますが
毎日フルタイムで来てもらっているわけではありません。

やめた先生は3人で、今はもう11年目の先生3人、
ほかも8年目とか5年目とか、
皆さん長~く来てもらっています。

本当に感謝です!

あなたも講師を雇う話に興味津々かもしれませんが、
それはまた別の機会に(笑)

生徒数20人の壁

創業時は先生2人でした。

創業時のレッスンは、
グループレッスンがメインでしたが、
なかなか生徒さんが集まらず。

しかも個人レッスンのほうが需要があり、
メインレッスンを個人に変更。

3年目くらいまでは個人レッスンを主体に、
生徒募集をしていたのですが、それも頭打ちに。

生徒数20名の壁が越えられなかった時ですね。

ちょうどこのころ、フラワーアレンジの先生とご縁があって、
レッスンを開催することとなったのですが、、、

またもやグループレッスンなので、集めるのが大変!

また、リピートしてもらうのも一苦労で、
あれやこれやと試行錯誤。。。

・・・結構前田も右往左往していましたよ(笑)

利益の面からも何とかしないと…!
と思っていたころに、
「歌声喫茶」が何やら流行っているらしいとの情報を得、

うちの歌の生徒さんも行ったことがあるとのことで、
いろいろ情報を仕入れることができました。

ここらから、再びグループレッスンに、
目を向けることとなったのです。

で、「あること」を意識して、広告を載せると、
結構反応が取れることも分かってきました。

なぜここが基本となるのか?

あること、とは

生徒さんの悩みと講師の強みのマッチング

これです、
ここが基本となります!

ここを意識して広告を書いたところ―

プチブレイク!

反応が変わってきたのです。

ここでようやく20人、30人の壁を越えることができたのです。

そして、これらのことを通して今、前田は

「レッスン・ファースト」

と考えています。つまり、

あなたのレッスンを
先に、生徒さんが望む「形」で表現・提供する

ということです。

マエダさん、何を当たり前のことを…

と思ってきちんと結果が出ている方は、
ここから先スルーして大丈夫です(笑)

さあここで「レッスン・ファースト」
という前田の定義が登場です。

あなたのレッスンを
先に、生徒さんが望む「形」で表現・提供する

ここで大切なのが、
「生徒さんが望む」という部分です。

あなたが「したいこと」ではなく、生徒さんが望むレッスン。

が!!

そこに

あなたの「想い」がギュッと詰まったレッスン

でなければ、
生徒さんに選ばれるレッスンにはなりません。

生徒募集必殺の流れ

前田には、前田なりの「必殺のフロー」があります。

———————————————-
市内近辺にいるはずの、まだ見ぬ生徒さんに、
まず体験レッスンに申し込んでもらうための「流れ」
———————————————-

この「流れ」の出発点。それが

—————————————
生徒さんの悩みと講師の強みのマッチング
—————————————

なのです!

思い起こせば前田は、
あんぷらぐどで、のべ11名の講師の

「レッスン・ファースト」を、考えてきているのですね^^

あなたの「こういう教室にしたい!」
と願う最初の一歩、「レッスン・ファースト」はこちらから!

体験レッスンをとことん考えるプログラム個別セッション
あなたの教室の、めだま的「体験レッスン」を創る! 体験レッスンに売り込まずに人が集まり、入会率・リピート率を劇的にアップ! 生徒数を増や...

コンサルティング

【ご案内】

自宅教室オーナー先生のための、起業、運営・経営カイゼンのご相談・コンサルティングや、誰にも言えない心のお悩み相談カウンセリングのセッションです。

月単位ではなく、1回からのご相談もできますので、まずはお気軽にご相談ください!
zoomまたはスカイプでの相談となります。

おもにあなたのお悩みの「問題点」はどこにあるのかを探りながら、どのようなことをしながら問題を解決しようとするのか、それを実際に「体験」していただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする