自宅教室の経営者としての側面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・プロ野球の選手
・歌手

これ、前田の小学生の時の夢です。

そして見目麗しく成長(笑)、高校大学のころの夢は

・物書き(小説家・エッセイスト・シナリオライター)
・ロック・ミュージシャンとしてプロデビュー

何らかの専門性を持ち、かつ、自分の力で喰っていける「わざ」
前田は「プロフェッショナル」にあこがれていたのですね~

が、、、

ザセツして家業を継ぎ、父が他界した後は、

・プロの経営者

を目標にしてきました。

いやいや、経営者にプロもないでしょ、といわれそうですが^^
ともあれ、前田が自営業者・個人事業主として父が死んでから21年、

「経営者とは何ぞや?」

と問われれば即座に答えられます。

経営者として、先生として

それは、、、
「売り上げをあげてなんぼの世界じゃ!」

はい、売り上げがなければ、自分の理想も、
日々の暮らしもやっていけません。

前田の場合、教室事業は講師がいなければ成り立ちませんので、

生徒さん、来ないですねえ
そうですねえ。。。ずず~~(茶をすする)

日向ぼっこをしているひまはないのです(笑)

といって生徒さんを集めても、それは経営者として、
——————————————
当たり前のことをしているにすぎない
——————————————
のです。

ピアノの先生がピアノを教えることが当然できるのと同じこと。

満足に教えられないのに看板を掲げても、
満足に売り上げをあげることができなくても、

いずれ市場から「強制退場」させられます。

ここが結構、精神的につらいところ・きついところです。
なにしろ、
————————————–
一所懸命頑張って結果を出しても、
ごく当然のことをしているとみなされる
————————————–
のですから。

…いえいえ「プロ」とはそういうものでしょう。

あなたも、自宅教室の先生として、
経営者として、音楽家・作家etcとして、、、

「プロフェッショナル」が今後もサバイバルできるのです!

コンサルティング

【ご案内】

自宅教室オーナー先生のための、起業、運営・経営カイゼンのご相談・コンサルティングや、誰にも言えない心のお悩み相談カウンセリングのセッションです。

月単位ではなく、1回からのご相談もできますので、まずはお気軽にご相談ください!
zoomまたはスカイプでの相談となります。

おもにあなたのお悩みの「問題点」はどこにあるのかを探りながら、どのようなことをしながら問題を解決しようとするのか、それを実際に「体験」していただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする